2017/08
≪07  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   09≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
An Extraordinary Egg
An Extraordinary EggAn Extraordinary Egg
(1998/11/17)
Leo Lionni

商品詳細を見る

YL:1.5 WD:682


多くのタドキストさん達がこれは笑えると言われてましたが、確かに笑える(笑)
Leo Lionniさんの本って殆どが寓話で、お話の中にしっかりとしたメッセージがあるように思うのですが、これは、かなりへんてこりんな部類にはいる本だと思います。

途中、あれー?って。
これは絵があってこそのおかしさです。
最後まで貫き通すところがまた笑えちゃうんだなー♪

★★★★★ Total:2,588,338
スポンサーサイト

テーマ : 洋書の絵本
ジャンル : 本・雑誌

tag : LeoLionni.YL1

Cornelius
CorneliusCornelius
(2008/12)
Leo Lionni

商品詳細を見る

YL:1.2 WD:280


Corneliusは立って歩くことが出来るワニ。でも他のワニ達は、それが何?とまるで関心がない。

お猿に逆立ちを習うってのもおかしいけど、最後のオチにも笑いました。

"Frederick's Fables"収容。

これ読んでて思ったけど、絵本って、やっぱり絵と文がセットになって意味があるんだよね。
ページをめくる「間」も計算されている筈。
絵が間引いてあるから文章がまとめて書いてあって、その「間」がなくなってしまってるのが、本来のその本の楽しさを半減させている大きな要因かなと思いました。

などと分析しているくらいなら、もう返しちゃおうかなぁ。

★★★★ Total:2,466,325

テーマ : 洋書の絵本
ジャンル : 本・雑誌

tag : LeoLionni.YL1

Tico and the Golden Wings
Tico and the Golden WingsTico and the Golden Wings
(2007/08/28)
Leo Lionni

商品詳細を見る

YL:1.5 WD:644

Ticoは翼のない鳥。
ある時、願いを叶えてくれるという鳥が現れ、夢に見ていた金色の翼をお願いしました。
ところが、金色の翼を見た友達は、自分たちとは違うと離れていってしまいました。

"Frederick's Fables"収容。

これは、これまで読んだ他の本とイラストのテイストが違いました。
わりとはっきりしたタッチで描かれています。でもやっぱりきれいです。

お話も、なんだか他のとちょっと違う感じ。
何が違うのかうまく説明はできないんですが。
これはいったい、何が言いたいのだろうと思いながら読んでたら、最後にしっかり答えが書いてありました。
みんな違って、それでいいのだ。というお話。

えと、私的には他のLeoさんの本と比べるともうひとつ、というところでした。

★★★ Total:2,466,045

テーマ : 洋書の絵本
ジャンル : 本・雑誌

tag : LeoLionni.YL1

Fish is Fish
Fish Is FishFish Is Fish
(2005/01/11)
Leo Lionni

商品詳細を見る

YL:1.5 WD:535

Leo様(もう古い?)特集続き~。
なかよしの小さい魚とおたまじゃくし。でもおたまじゃくしには足が生え、カエルになって外の世界へ飛び出していきました。

カエルの話を聞いた魚が想像する、鳥や人や牛の姿がかなりおかしい(笑)
「魚は魚」というタイトルも、小さい枠のなかでしか生きられないという制限にも取れるし、ムリに生きにくい世界にいなくても、自分にあった場所がちゃんとあるよ、という意味にも取れるし。

あとこれは、今まで読んだLeoさんの本とは違い、パステル画?っぽい感じでした。

この本は、こちら
Frederick's Fables: A Treasury of 16 Favorite Leo Lionni StoriesFrederick's Fables: A Treasury of 16 Favorite Leo Lionni Stories
(1997/09/23)
Leo Lionni

商品詳細を見る

に収容されているものを読みました。

Leo Lionniさんの本をいくつか借りた後で、16話のお話がはいったこの本が図書館にあるのを発見!
既に読んだ物も入ってますが、これなら何度も借りにいかなくていいやと重いのを覚悟して予約しました。
が、16話分にしてはかなり薄い。

ん~?と中身を見てみたら、なんと!イラストが間引かれてるーーー!!!
Frederickがお日さまの暖かさを集めてるところとか、冬ごもりしてみんなでほくほく食事をしてるシーンとかがないっ!
もちろん、文章は全て載っている(筈)ですが、イラストが少ないだけで面白さが半減するような。
これなら、1冊ずつ借りた方がよかったかも。まあ全部読みますが。

★★★★ Total:2,463,722

テーマ : 洋書の絵本
ジャンル : 本・雑誌

tag : LeoLionni.YL1

It's Mine!
It's Mine!It's Mine!
(1996/03/19)
Leo Lionni

商品詳細を見る

YL1.6 WD:405

プチLeo Lionni特集(笑)
猫とパンダの次に好きなキャラクターがカエルなんですが(本物はあんまり。。)、このカエル君はとっても好きなタイプ。

自分のものー!とばかり言っていた3匹のカエル君達も、がまがえるさんのおかげで改心します。
Leo Lionniさんの本は2冊目ですが、説教くささがなく、すんなりと読めるところが好きですね。

またまた、カエル君を始めとして、水面や水草などの風景にも、紙の柄や質感をうまく使ってあります。
すてきー♪

★★★★ Total:2,429,289

テーマ : 洋書の絵本
ジャンル : 本・雑誌

tag : LeoLionni.YL1

ヒツジ読み募集中!
ヒツジ(並走)読みはみんなで同じ本を同時期に読み進めていく読み方です。詳細はヒツジ読みブログにて。
Profile

しろぱん

Author:しろぱん
2003年5月に多読開始。
今はのんびり洋書を楽しんでいます。

児童書中心ですが、すこしずつ大人向けPBにも手を出そうと思ってます。といいながら手をつけられていませんが。。
本を読むのは好きなので、マイペースで続けていきまーす。

猫飼い(4歳♂1歳♀)です。

ヒツジ読みブログ参加してます。

普段はアロマのお店をほそぼそとやってます。→blanc

しゃしん日記再開しました。→*しゃしん日和*

※記事中の★は、SSS書評の星の付け方を参考にしてます
 ★★★★★: 自信をもってお薦め
  ★★★★: かなりのお薦め
   ★★★: まあまあ
    ★★: 語学教材と思えばまあまあ
     ★: お薦めでない


*リンクフリーです。ご自由にどうぞ。
*記事と関係のないコメントおよびトラックバックは削除させていただく場合があります。

多読王国
Calender
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
手持ちの本
Search
Feeds
タドクのリンク
Twitter!

Twitter Updates

    follow me on Twitter
    QRコード
    QRコード
    Categories & Monthly Archives
     
    作者orシリーズ別リスト
    Recent Entries
    Recent Comments
    Recent Trackbacks
    タドクの友
    CaramelBox情報
    キャラメルボックス公演情報
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。