2017/11
≪10  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   12≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Small Steps

Small StepsSmall Steps
(2006/01/10)
Louis Sachar

商品詳細を見る

YL:6.4 語数:48,074


"Holes"の続編。
Camp Green Lakeの事件から数年経って、Armpitは穴掘りのバイトをしながら高校に通っていた。
ある日、Camp Green Lakeで一緒だったX-Rayが現れ、歌手のKaira Deleonのチケットを転売する話をもちかける。

続編といっても、Holesとはまるっきり別の話です。それに、主人公が成長してるのと合わせて、お話自体ももっと大人っぽくなってます。
Holesでは全然目立たなかったArmpit(というか、私があんまり覚えてないのねぇ)ですが、いや、いい子だ。
悪い仲間に引きずられそうだったり、無実の罪を着せられそうになったり、やめてちょうだい~~って感じでした。

ある意味、Holesよりもファンタジーですが、ラストは・・うん、さすがSacherさんだわ。

でも正直、難しかったです・・・汗
後半はストーリーに引っ張ってもらってどんどん読めたけど、なんかわけわからんところがいっぱいでした(泣)

あと、図書館で借りた本はハードカバーだったんですが、ちょっとした仕掛けがしてあって、足跡のところ、カバーをその形に切り抜いてあるんですよ。
機会があったら見てみてください。

★★★ (難しくて半分くらいしか堪能できなかったので・・(TT))
スポンサーサイト

テーマ : 洋書の児童書
ジャンル : 本・雑誌

tag : Sachar.YL6

A Ship to the Stars
星へ行く船 (講談社英語文庫 (6))星へ行く船 (講談社英語文庫 (6))
(1984/11)
新井 素子

商品詳細を見る

YL:6.5 語数:29,000

なぜか本棚においておいたこの本が目に入って、読み始めてしまいました。またパディントンは後回し(笑)
結構古い本です。昭和63年発行でした。。。って、え?
もういつ買ったのかすらわからないです。多読を始める前だったのかも。

中、高時代は、新井素子さんの本をよく読んでましたが、とんとご無沙汰だったので話の内容もうろ覚え。
でも読んでいるうちに少しずつ蘇ってきました。
独特の文体は、やはり英語では表現しにくいところはありますよね。
それに、やっぱり誰が話しているのかわかりにくい。。。

ストーリーそのものも、新井素子さんの文章だから楽しめるってところがあったんだなぁと思いました。
ああ、他の星へ行く船シリーズが読みたくなった!実家にまだ置いてあるかなぁ。

★★★
Charlotte's Web 読了
Charlotte's Web (Trophy Newbery)Charlotte's Web (Trophy Newbery)
(1974/05/15)
E. B. White

商品詳細を見る

YL:6.5 WD:31,455


読み終わりました。
たぶん、この表紙を見た人のほとんどが、Charlotteってこの女の子のことだと思うんじゃないのかなぁ~。私もてっきりそうだと思ってました。

命がつながっていく。ずっと受け継がれていくものがあるんだよね。
ラストはけっこう好きでしたよ。
でも前半と後半で(私の気分が)こんなに違うとは。。。

読み終わったら、なぜ前半が苦手だったのか分析してみようと言ってましたが、結局のところよくわかりません。
文体に慣れていなかったということ、前半、物語の方向がよくみえなかったこと、説明文が多いように思えたこと(これは感覚的な物なので、実際には違うのかも)、とかかなぁ。
文体がどうのこうのと言える程、細かく読めている訳ではないんですけどね。

ネタバレ感想は続きで。

★★★ Total:2,868,822

続きを読む

テーマ : 洋書の児童書
ジャンル : 本・雑誌

Matilda 読了!
MatildaMatilda
(2001/04/05)
Roald Dahl

商品詳細を見る

YL:6.5 WD:39,785


読み終わりましたー!1ヶ月近くかかったなぁ。。。
途中、難しくて苦戦してました。
"The First Miracle"あたりから波に乗って、最後まで飽きること無く読めました。Matildaちゃん、よくがんばりました!
ネタバレかもしれない感想は続きで。

★★★★ Total:2,836,727

続きを読む

テーマ : 洋書の児童書
ジャンル : 本・雑誌

tag : RoaldDahl.YL6

Holes (読了報告!)
HolesHoles
(2000/10/02)
Louis Sachar

商品詳細を見る

YL:6.4 WD:46,938


読み終えましたー!
ラスト近くの細かいけど大事なところを、全然覚えていなかったことに愕然!(笑)
おかげで、あーっ!といろいろ驚くことが出来ました。

これは、StanleyとZeroの、そしてひいひいおじいちゃんからながーく続くYelnats家の物語なのですね。

後半ほんとに難しくて、半分も理解できてないと思われますが、でも勢いで最後まで読み切りました。
たくさんの方との並走読みも楽しかったです。感想や気になるところがそれぞれ違ったりして、へへーっといつも思いながらブログを読ませていただきました。
ありがとうございました!

では最後のネタバレ感想は続きで。今回、ほんとにネタバレなので、見たくない方はちゃんとスルーして下さいね~。

★★★★ Total:2,643,800

続きを読む

テーマ : 洋書の児童書
ジャンル : 本・雑誌

tag : Sachar.YL6

ヒツジ読み募集中!
ヒツジ(並走)読みはみんなで同じ本を同時期に読み進めていく読み方です。詳細はヒツジ読みブログにて。
Profile

しろぱん

Author:しろぱん
2003年5月に多読開始。
今はのんびり洋書を楽しんでいます。

児童書中心ですが、すこしずつ大人向けPBにも手を出そうと思ってます。といいながら手をつけられていませんが。。
本を読むのは好きなので、マイペースで続けていきまーす。

猫飼い(4歳♂1歳♀)です。

ヒツジ読みブログ参加してます。

普段はアロマのお店をほそぼそとやってます。→blanc

しゃしん日記再開しました。→*しゃしん日和*

※記事中の★は、SSS書評の星の付け方を参考にしてます
 ★★★★★: 自信をもってお薦め
  ★★★★: かなりのお薦め
   ★★★: まあまあ
    ★★: 語学教材と思えばまあまあ
     ★: お薦めでない


*リンクフリーです。ご自由にどうぞ。
*記事と関係のないコメントおよびトラックバックは削除させていただく場合があります。

多読王国
Calender
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
手持ちの本
Search
Feeds
タドクのリンク
Twitter!

Twitter Updates

    follow me on Twitter
    QRコード
    QRコード
    Categories & Monthly Archives
     
    作者orシリーズ別リスト
    Recent Entries
    Recent Comments
    Recent Trackbacks
    タドクの友
    CaramelBox情報
    キャラメルボックス公演情報
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。