2017/11
≪10  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   12≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
New York (OFF1)
New York (Oxford Bookworms Factfiles)New York (Oxford Bookworms Factfiles)
(1996/02/15)
John Escott

商品詳細を見る

YL:1.8 WD:3,200

New Yorkの街の紹介本です。
地理や歴史、交通、エンターテイメントなど、さらっとですが広く紹介されていて、ガイドブックみたいです。
9.11で破壊されたワールドトレードセンターも紹介されています。

レベル1なんだけど、ここ数日ちゃんと読んでないせいか、ひどく読みにくい感じがしました。
読む時間がとれないときは、短めでレベルも低めのをさらっと読んでおくとよいとどこかに書いてあったような気がするのですが、どうせならYL0~にしとけばよかったかな。

New Yorkって昔は憧れでした。
「CIPHER」って(綴り合ってるかな。。)New Yorkが舞台の漫画がありまして、大ファンだったのです。
今でも行ってみたい気はするのですが、アメリカ入国はいろいろ面倒になってるようですよね。

★★★ Total: 528,934
スポンサーサイト

テーマ : やさしい洋書
ジャンル : 本・雑誌

Christmas in Prague(OBW1)
Christmas in Prague (Bookworms Series)Christmas in Prague (Bookworms Series)
(2000/08/17)
Joyce Hannam

商品詳細を見る

YL:1.9 WD:4,734

Oxfordに住むJanは、ハープ奏者である妻のCarolが、プラハで開催されるオーケストラのクリスマス公演に参加することになり、家族一緒にプラハでクリスマスを過ごしたいと誘われる。Janと父のJosefはプラハ生まれだが、Josefはそのことをあまり話したがらなかった。JanがJosefを誘うと、歳を取ったJosefも死ぬ前にもう一度プラハに行きたいと思い、承諾する。


最初"Prague"が読めなくて、電気プラグ?なんて思ってしまいました(笑)舞台がプラハなだけに、人の名前とかも読みづらかったです。

Introductionで家族の秘密が明らかに・・・!!なんてすごく脅されて(笑)たんですが、最後は幸せに終わります。
途中で結末は予想できてしまいますし、語数が少ないので少し物足りなさも感じるのですが、どうしてこういうことになったのかというところはしっかり描かれていて、話に入り込むことができました。

★★★★ Total: 463,820

テーマ : やさしい洋書
ジャンル : 本・雑誌

Rainbow Fish to the Rescue
Rainbow Fish to the RescueRainbow Fish to the Rescue
(1995/09)
Marcus PfisterJ. Alison James

商品詳細を見る

絵本 YL:1.0 WD:658

きらきらうろこのRaibow fishが友達みんなと遊んでいると、しましまのちいさなさかながやってきます。でもきらきらうろこをもっていないので、仲間に入れてもらえません。
するとそこへ、サメがやってきました!


"The Rainbow fish"と比べると、お話はまだいいです。
見た目の違いで仲間はずれはしちゃいかんよ!ってやっぱり子供に道徳を教える本みたいですが。

Rainbow fishシリーズは2冊とも市内の図書館で借りてきましたが、こちらの方はかなり傷みが激しかったです。
みんな大事に扱おうよ。

★★★★ Total:132,280

テーマ : やさしい洋書
ジャンル : 本・雑誌

Island for Sale(PGR1)
Island for Sale (PENG)Island for Sale (PENG)
(2000/11/09)
A Collins

商品詳細を見る

GR YL:1.0 WD:1,700

Duncan McTravishはスコットランドのある島で、愛犬Jockと一緒にお城で暮らしていた。
ある日、電力会社からの請求書を見てびっくり。5000ポンドを支払えというのだ。
Duncanは仕方なく、島を売ることにした。


挿絵がほのぼのとしていて、Duncanが島でゆったり暮らしてる姿もうらやましく思えます。
が、それまでいったい、どうやって生計を立てていたのかが不思議です。

★★★ Total:113,887

テーマ : やさしい洋書
ジャンル : 本・雑誌

The President's Murderer(OBW1)
The President's Murderer: Level 1 (Bookworms Series)The President's Murderer: Level 1 (Bookworms Series)
(2000/08/17)
Jennifer Bassett

商品詳細を見る

GR YL;1.9 WD:5,243

前大統領の殺人犯Alex Dinonが脱獄した。Felixは後を追うが、何故か上司は機嫌が悪く、市民は警察に対して協力的ではない。
上司はAlexが死んでもかまわないと言う。疑問を抱きつつ、Alexを追い続けるFelix。
果たして、Alexはほんとうに前大統領を殺害したのか?


追うものと追われるものの両方の視点で交互に書かれていて、「逃亡者」っぽい感じでハラハラしながら読み進められます。

でも最後は消化不良で終わります。。。
どうなっちゃうんだろー?って後を引くのも、まあ面白さのうち?

★★★ Total:93,260

テーマ : やさしい洋書
ジャンル : 本・雑誌

ヒツジ読み募集中!
ヒツジ(並走)読みはみんなで同じ本を同時期に読み進めていく読み方です。詳細はヒツジ読みブログにて。
Profile

しろぱん

Author:しろぱん
2003年5月に多読開始。
今はのんびり洋書を楽しんでいます。

児童書中心ですが、すこしずつ大人向けPBにも手を出そうと思ってます。といいながら手をつけられていませんが。。
本を読むのは好きなので、マイペースで続けていきまーす。

猫飼い(4歳♂1歳♀)です。

ヒツジ読みブログ参加してます。

普段はアロマのお店をほそぼそとやってます。→blanc

しゃしん日記再開しました。→*しゃしん日和*

※記事中の★は、SSS書評の星の付け方を参考にしてます
 ★★★★★: 自信をもってお薦め
  ★★★★: かなりのお薦め
   ★★★: まあまあ
    ★★: 語学教材と思えばまあまあ
     ★: お薦めでない


*リンクフリーです。ご自由にどうぞ。
*記事と関係のないコメントおよびトラックバックは削除させていただく場合があります。

多読王国
Calender
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
手持ちの本
Search
Feeds
タドクのリンク
Twitter!

Twitter Updates

    follow me on Twitter
    QRコード
    QRコード
    Categories & Monthly Archives
     
    作者orシリーズ別リスト
    Recent Entries
    Recent Comments
    Recent Trackbacks
    タドクの友
    CaramelBox情報
    キャラメルボックス公演情報
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。