2009/01
≪12  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   02≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
岩波少年文庫版 アーサー王物語
アーサー王物語 (岩波少年文庫 3057)アーサー王物語 (岩波少年文庫 3057)
(2000)
R.L.グリーン、

商品詳細を見る

西洋のことを知るには、やっぱりこの本は読んでおいた方がいいのかなぁと思って、図書館にあった軽くて読みやすそうな岩波少年文庫版を借りてきました。

あとでわかりましたが、この本、1957年発行。50年前だ。。。
確かに、文章がちょっと古めかしい感じ。
すでに絶版のようです。

どちらかというと、下の本の方が読みやすくておもしろそうだったんですが、なにしろ分厚くて重くて、持ち帰りたくなかったんですよね。

アーサー王と円卓の騎士 (福音館古典童話シリーズ (8))アーサー王と円卓の騎士 (福音館古典童話シリーズ (8))
(1972/01)
シドニー・ラニア、

商品詳細を見る


アーサー王、グィネヴィア王妃、ラーンスロットの関係はだいたいわかりました。
円卓についてのお話はなかったので、その辺を知りたかったなぁ。大した話はないのかな。

基本的に、円卓の騎士それぞれの冒険の話の方が多いです。
その騎士の名前もよく覚えられないんで、この人は誰?と思うことがしばしばありました。

いろんなばらばらになっている伝説を「アーサー王関連」でまとめたものみたいなので、そりゃーこれをPGR2で書こうと思ったら、あんなに読みにくい物語になるわけですよね。

MTHシリーズにもでてきますが、それ以外の児童書や一般書にも、アーサー王にまつわる話が引用されているものはいっぱいあるようです。
それほどに、一般的なお話なんですね。
PGR2を読んだときは、ほんとにもうお腹いっぱいな感じでしたが、ここへきてちょっと興味がでてきました。
とはいえ、もう一回読むかと言われたら・・・微妙だ(笑)
スポンサーサイト
The Fifteenth Character (OBW0)
The Fifteenth Character (Oxford Bookworms Starters)The Fifteenth Character (Oxford Bookworms Starters)
(1999/12/23)
Rosemary Border

商品詳細を見る

YL:0.8 WD:1,500

サリーは遊園地でキャラクターのぬいぐるみをかぶってアルバイトをしている。大スターのザップが遊園地に来た日にザップの新曲のCDが何ものかに盗まれた。(SSS書評より)


着ぐるみのバイト、一度だけやったことがあります(笑)
室内で季節もよかったので、おもしろいばっかりだったんですが、夏場の着ぐるみはほんとにきつそう。。。
ミッキーとかあれで踊ってるんですよ。。。どうなってるんでしょうか。あっ、ミッキーはミッキーでしたね。

このレベルでこれくらいなら、まあまあです。
でも、大スターのザップ、ちょっと怒り過ぎじゃないかなぁ。ファンはがっかりするんじゃ?

★★★ Total: 667,941
Civil War on Sunday (MTH #21)
Civil War on Sunday (Magic Tree House)Civil War on Sunday (Magic Tree House)
(2000/05/23)
Mary Pope Osborne

商品詳細を見る

YL:3.5 WD:5,755

Tree Houseが雷と共に戻ってきた!JackとAnnieが登ってみると、Morganの置き手紙があり、トラブルに巻き込まれたCamelotを救うため、4つのメモを探してきて欲しいと書かれていた。さっそく、Something to followを探すため、南北戦争の時代へ向かう。


南北戦争という重いテーマを扱ってますが、Annieが傷ついた兵士達を助けたり、励ましたり、最初は早く帰りたがっていたJackがだんだんと意識が変わって行くところなど、とても心に染みました。
Something to follow に書いてあることがまた素晴らしい!

家族を奴隷として奪われ、傷ついた黒人兵士を励ます為に、Jackが
"One day your great-great-grandchildren will be doctors and lawyers."
と言うところがあるんですが、今ならそこに、"President"が加わりますね。

"All wars are cruel." 世界中から、戦争がなくなりますように。

★★★★★ Total: 666,441

テーマ : 洋書の児童書
ジャンル : 本・雑誌

tag : MaryPopeOsborne.YL3_MagicTreeHouse

Newspaper Chase(PGR0)
Newspaper Chase (Easy Start Penguin Reader)Newspaper Chase (Easy Start Penguin Reader)
(2003/05/15)
John Escott

商品詳細を見る

YL:0.7 WD:900

泥棒のHarry Blackは美術館から有名な絵画を盗み、古新聞の間にはさんでおいた。
しかし、その日はリサイクルの日で、借りている部屋の持ち主がそのままリサイクルに出してしまった。


久しぶりのPGR0です。
まったくおまぬけな泥棒です。おまぬけすぎて笑っちゃいました。

nappuさんにならって、パンダ読み。思いっきりレベルを下げてみたら、5分足らずで読み終わりました。
これでも、始めた頃は10分くらいかかっていたのに。
ちゃんと成長してるんだなぁと実感できたことは収穫だったかも。

でも、いつもお風呂につかって、我慢できなくなるくらい温まるまで読んでるのですが、読み終わるのが早くて時間を持て余してしまいました。

★★★ Total: 660,686
The Flintstones in Viva Rock Vegas (PGR2)
The Flintstones in Viva Rock Vegas (Penguin Readers, Level 2)The Flintstones in Viva Rock Vegas (Penguin Readers, Level 2)
(2001/04/10)
Ellen Miles

商品詳細を見る

YL:2.4 WD:7,600

時はネアンデルタール人の住む太古の時代。ロックベガスでフレッドとウィルマが恋に墜ちて結婚するまでのおもしろおかしいストーリー。(SSS書評より)


映画のリトールド版ですが、例に漏れずこれも見てません。
途中ででてきた小さいエピソードの結末がなかったりして物足りないところはあるのですが、結構面白かったです。

言い回しとかも、あ、これは笑わせようとしてるのかな?とか思いながら(その時点で笑ってないんですが)、ハマれば笑えます。

映画のシーンが挿絵に使われているのですが、他のドラマで見た俳優さん達が載ってて、へーこの人が!と思う楽しみもありました。
ちなみに、「ダーマ&グレッグ」のグレッグと「アリー・myラブ」のエレインです。ああ~よく見てたなー。

★★★★ Total: 659,786

テーマ : やさしい洋書
ジャンル : 本・雑誌

The Absent Author (A to Z Mysteries #1)
The Absent Author (A to Z Mysteries)The Absent Author (A to Z Mysteries)
(1997/09)
Ron Roy

商品詳細を見る

YL:3.5 WD:8,517

Dinkは、大好きな有名ミステリー作家Wallis Wallaceに手紙を書き、自分たちの町Green Lawnに招待することに成功した。しかしサイン会をするはずの書店に大勢の子供達が集まっていた約束の日、いくら待っても彼は現れなかったのだ。 Dinkは親友Josh、Ruthと一緒に、彼がどこで消えたのか探し始めた始めた。(SSS書評より)


ああ、ついに手を出してしまいました。A to Z Mysteriesシリーズ。
これも再読なので、なんとなくオチは知ってて読みました。
が、3人の少年少女探偵団のやりとりはおもしろいです。

久しぶりだからか、ちょっと読みにくく感じました。
てのは、最近、読み飛ばしが下手になってきてて、全部の文章を理解しようとしてしまう癖が出てきたからです。
ちょっとキリン読みでもして、さくさく読み飛ばししてみようかな。

★★★★ Total: 652,186

テーマ : 洋書の児童書
ジャンル : 本・雑誌

tag : RonRoy.YL3_AtoZMysteries

タドク用小物
今日はすんごい雪です。こんな日は、お家で読書です。
雪景色#一応、ここは九州、福岡でございます。

以前、多読を始めたときは、いつも通勤電車の中で読んでいました。
そうすると、GRやら児童書やらをそのまんま持ってるのはどうも気恥ずかしくて、ブックカバーを買おうと思ったんですが、サイズがぴったりのものって無いんですよね~。
それで手作りしました。

が、それもよれよれになってしまい、今度はブックカバーをオーダーで作ってくれるというところを見つけて注文しました。
それがこれ↓
草木染めブックカバー
草木染めです。最初は固かったけど、使っているうちにだんだんと柔らかくなってきました。
でも実は、これが届いた頃に多読を中断してしまったんですね~おほほ。

今は家で読むことが多いのですが、外へ出掛ける時とか、借りた本を読む時に使ってます。
GRやMTHなどの児童書にもサイズぴったりです。むふ。
そして、必需品のしおりは、リスさん(たぶん)。

注文したお店はこちらです→Galerie212
他の麻製品もお気に入りで、たまに購入してます。
Tooth And Claw - Short Stories (OBW3)
Tooth And Claw - Short Stories: Stage 3: 1,000 Headwords (Oxford Bookworms)Tooth And Claw - Short Stories: Stage 3: 1,000 Headwords (Oxford Bookworms)
(2000/08/21)
Saki

商品詳細を見る

YL:3.2 WD:8,200

Conradinは10歳。厳しいおばと暮らしている。Conradinには秘密があった。おばが嫌いなことと、庭で鋭い牙を持った小さな動物を飼っていることだ。(Sredni Vashtarより)


5編の短編が収められています。
が、どれもブラック。。。タイトル通りというか、野生動物の残虐さばかりで、これまで読んだ動物とのふれあいみたいな話は一切ありません。
表紙のかわいさ(よく見るとちょっと怖い感じもするけどねぇ)にすっかりダマされました。

それでも4話目まではそれなりに読めたんですが、5話目がぜんぜん意味がわからなーい。
よっぽど投げようかと思いましたが、短かったので完読。

★★ Total: 643,669
Dingoes at Dinnertime (MTH #20)
Dingoes at Dinnertime (Magic Tree House)Dingoes at Dinnertime (Magic Tree House)
(2000/03)
Mary Pope Osborne

商品詳細を見る

YL:3.5 WD:5,000

JackとAnnieは最後の贈り物 "A gift from a kangaroo"を探すため、カンガルーがいるオーストラリアへ。


4つの旅をともにしたTeddyともお別れ。
今までの旅の終わりの満足感とは違って、別れの寂しさが2人を包んでいました。
またいつか、会えるよね。
先の話のどこかで、出てくるのかなぁ?

Annieの動物的感というか、動物の言わんとすることを理解する能力というか、どんどん鋭くなってきてますねぇ。

★★★★ Total: 635,469

テーマ : 洋書の児童書
ジャンル : 本・雑誌

tag : MaryPopeOsborne.YL3_MagicTreeHouse

Chemical Secret(OBW3)
Chemical Secret: Stage 3: 1,000 Headwords (Oxford Bookworms)Chemical Secret: Stage 3: 1,000 Headwords (Oxford Bookworms)
(2000/08/03)
Tim Vicary Jennifer Basset

商品詳細を見る

YL:3.1 WD:10,000

John Duncanは、ある工場で働くことになった。数年前に妻をなくし、職も失い、残された子どもたちをひとりで養わなければならなかった。すでに年は40代のなかば、ようやくありついた仕事は、工場が環境に及ぼす影響を調査するというものだった。(SSS書評より)


仕事と正義、上司と娘の板挟みになるJohn。
環境に悪影響があることを公表すれば、工場で働いている多くの人が職を失うことになり、といってそのままにすれば、確実に環境破壊は進んでいく。。。

川や海の水を飲む人間はいない、なんて、誰が考えてもおかしいと思える論理が、水俣病などの公害が発生した頃は実際に言い訳として使われてきたんではないでしょうか。
企業側の論理だけで都合の悪いことは全て隠されてきたんですよね。

すごく読み応えがありました。最後はちょっと、物悲しさがありましたけど。。。

★★★★ Total: 630,469

テーマ : やさしい洋書
ジャンル : 本・雑誌

tag : TimVicary.YL3

Tigers at Twilight (MTH #19)
Tigers at Twilight (Magic Tree House)Tigers at Twilight (Magic Tree House)
(1999/08)
Mary Pope Osborne

商品詳細を見る

YL:3.5 WD:5,925

3つ目の贈り物A gift from a forest far awayをに入れるためJackとAnnieが行くことになったのは野生動物の生きるインドの平原でした。トラや大蛇に襲われそうになりながら、手長サルに助けられて冒険を続けます。(SSS書評より)


今回は「自然」が大きいテーマになってますね。
Jackも絶滅の危機にある虎を勇気を持って助けます。
地球上に生きる希少な動物達、そしてこの美しい地球を大事にしようという作者のメッセージが込められています。

ラストあたりで、耳を澄まして、聞こえてくる音を静かに聴いているJackとAnnie。
ここはすごくいいですね。

★★★★ Total: 620,469

テーマ : 洋書の児童書
ジャンル : 本・雑誌

tag : MaryPopeOsborne.YL3_MagicTreeHouse

The Snow Goose and Other Stories (PGR3)
The Snow Goose and Other Stories (Penguin Readers, Level 3)The Snow Goose and Other Stories (Penguin Readers, Level 3)
(2003/06/24)
Paul Gallico

商品詳細を見る

YL:3.2 WD:12,000

フィリップは家のまわりの沼地に集まってくる渡り鳥を描く中年の絵描きである。怪我した鳥を助けているという噂があるが、せむしで左手が変形していて無口なため、人々は怖がって彼に近づかない。ある日フライザという女の子が、けがをした真っ白いカナディアングースを胸に抱いてフィリップの家を訪れる。("The Snow Goose" SSS書評より)


”The Snow Goose"他2編が収められてます。
どれも愛の物語。

”Snow Goose"が一番感動しました。バスの中で読んでて、うっかり泣きそうになりました。すごく切ないお話です。

2番目の"Doll"もよかったけど、3番目の"The Silver Swans"はよくわからなかったです。
読解力不足なのか、いまひとつ。
最初の2つだけでよかったなぁ。

★★★★(最初の2つだけの評価) Total:614,544

テーマ : やさしい洋書
ジャンル : 本・雑誌

Jane Eyre (PGR3)
Jane Eyre (Penguin Readers: Level 3)Jane Eyre (Penguin Readers: Level 3)
(2000/02/23)
Charlotte Bronte

商品詳細を見る

YL:3.2 WD:7,200

10歳で両親と死別したジェーン・エアはおばの家に引き取られるが、過酷な待遇を受けやがて寄宿学校へ入れられる。卒業後家庭教師としてある屋敷に赴く。(SSS書評より)


シャーロット・ブロンテ著「ジェーン・エア」のリトールド版です。
イントロダクションにシャーロット本人の寄宿舎での経験が、この「ジェーン・エア」に反映されていると書かれてましたが、物語の中の話ではなく、実際にそんなにひどい環境があったんですね。

原作や映画なども見てないんですが、これまたいろいろはしょってあるような感じはします。でも読み応えはありました。
つらいことや悲しいことも乗り越えて、最後は幸せに。。。
単純だけど、ハッピーエンドはやっぱり嬉しいですね。

ただ。。挿絵が怖すぎる(笑)

★★★★ Total: 602.544 ←60万語超えました

テーマ : やさしい洋書
ジャンル : 本・雑誌

Matilda (PGR3)
Matilda (Penguin Joint Venture Readers)Matilda (Penguin Joint Venture Readers)
(1999/06/09)
Roald Dahl

商品詳細を見る

YL:3.2 WD:7,900

Matildaは1歳半で完璧に話すことができるようになり、3歳で新聞を読み、5歳で全ての児童書を読んでしまうほどの天才少女だった。


Roald Dahlの"Matilda"のリトールド版です。原書はYL6以上ですが、これなら気軽に読めますね。苦手なDahlですが、最初にこれを読んだときも、面白いんだけど何かひっかかるものがありました。

今回再読してみて、やっと気付きました。Dahlの本は、ブラックなファンタジーだと思って読めばいいんだって!
変に現実の物として読むから、ありえなさにもやもやを感じてたんですよね。Dahl=ブラックユーモアだってのは知ってたけどいまいちわかってなかったなぁ。

と、考えを改めたら、この本おもしろいです。
リトールド版なので展開が早いのはおいといても、Matildaがコワい校長をやっつける様は爽快です。

★★★★ Total: 595,344

テーマ : やさしい洋書
ジャンル : 本・雑誌

tag : RoaldDahl.YL3

Esio Trot
Esio Trot (Puffin Fiction)Esio Trot (Puffin Fiction)
(2001/04/05)
Roald Dahl

商品詳細を見る

YL:3.5 WD:4,225

Mr Hoppyは一人暮らし。すでに仕事もリタイヤして、バルコニーで大好きな花を育てている。そしてもうひとつ、好きな物が。。それは階下に住むMrs Silver。
バルコニー越しに挨拶をするだけだが、なんとか仲良くなりたいとMr Hoppyが取った行動とは。。


いくらなんでも、可愛がっている亀が変わったらわかるんじゃないかと思うんですが。。。
実は、Mrs Silverの策略だったのかもしれません。

最後のオチもいいですね。

苦手なDahlですが、これはわりと抵抗無く読めます(笑)
苦手といってるわりに、いつかはおもしろいと思うときがくるんじゃないかと、何冊かまとめて買ったんです。
だいぶ玉砕してますが、再読でどうかわるかな?

★★★★ Total: 587,444

tag : RoaldDahl.YL3

Lizzie Zipmouth
Lizzie ZipmouthLizzie Zipmouth
(2008/03/13)
Jacqueline Wilson

商品詳細を見る

YL:3.3 WD:7,000

ママが2度目の再婚をすることになった。今までママと2人で楽しかったのに。今は優しいママの再婚相手のSamも、きっとすぐに大きな声で怒鳴るようになるに違いない。Lizzieは口をきかないことにした。


これは書評通り、とてもおもしろかったです!!
Lizzieの戸惑いもよくわかったし、Samのグランマ(Lizzieにとっては義理のひいおばあさんってことになるかな)との出会いによって変わっていくLizzieの心境も、優しい単語なのにすごく伝わってきました。
Great Gran は厳しそうに見えるけど、Lizzieにとっては救いの神のようなものだったんだよね。2人のやりとりが、とっても素敵です。

イラストもかわいいです。
シンプルな絵ながら、文章でわかりにくい(もちろん、わからない単語を読み飛ばしてです)ところも理解することが出来ました。
Jacqueline Wilsonの本は初めて読みましたが、はまりそうです。

★★★★★ Total: 583,219

テーマ : 洋書の児童書
ジャンル : 本・雑誌

tag : JacquelineWilson.YL3

The Death of Karen Silkwood (OBW2)
The Death of Karen Silkwood (Oxford Bookworms Library)The Death of Karen Silkwood (Oxford Bookworms Library)
(2000/10/18)
Joyce Hannam

商品詳細を見る

YL:2.6 WD:5,597

1974年11月13日の夜、一台の小さい白い車が橋のそばに落ちているのが発見された。中には一人の女性が亡くなっていた。彼女の名はKaren Silkwood。
事故現場の目撃者はおらず、警察は事故と考えた。
しかし、その夜彼女と会うことになっていた彼女の恋人と新聞記者、そして労働組合の幹部は、彼女が持ってくる筈だった茶色い大きな封筒を探したが、どこにも見つからない。


実話です。
イントロダクションに、フィクションとノンフィクションの違いは、フィクションは終わりがあるが、ノンフィクションには終わりが無い、とありました。確かにその通り。
結局、Karenの死の謎は解かれぬまま。
Karenが置かれていた状況から何があったのかを想像することは出来るけど、本当のところはわからない。

そういう意味で、ちょっともやもやが残るお話です。でも、どんどんお話に引き込まれて、あっという間に読み終わりました。

★★★★ Total: 576,219

テーマ : やさしい洋書
ジャンル : 本・雑誌

Buffalo Before Breakfast (MTH #18)
Buffalo Before Breakfast (Magic Tree House)Buffalo Before Breakfast (Magic Tree House)
(1999/05)
Mary Pope Osborne

商品詳細を見る

YL:3.5 WD:5,172

JackとAnnieは2つ目のギフトを探すため、1800年代のネイティブアメリカンが生活している大草原へ向かう。


今回は、心にしみるいいお話でしたよ。
ネイティブアメリカンのおばあちゃんが言うことが、とっても素敵。

この大地は、Great Spiritのもので人間の物ではない。
全てのものが繋がっている。

Jackもまたひとつ、大事なことを学んだようです。

★★★★ Total: 570,622

テーマ : 洋書の児童書
ジャンル : 本・雑誌

tag : MaryPopeOsborne.YL3_MagicTreeHouse

Grace Darling (OBW2)
Grace Darling (Oxford Bookworms Library 2)Grace Darling (Oxford Bookworms Library 2)
(2000/08/17)
Tim Vicary

商品詳細を見る

YL:2.8 WD:6,730

1838年9月6日、蒸気船Forfarshire号はHullからDundeeへ向かって出発した。ところが、嵐に巻き込まれて座礁してしまう。


実話だそうです。
タイトルの"Grace Darling"は、灯台守の娘の名前で、父親とともに船に乗っていた人たちを助けた人です。
激しい雨と風と波の中をボートに乗って岩場へ助けに行くなんて、ほんとに勇気がある人達です。

タイタニックに通じる物もありますが、この人達は助かるんだろうかとハラハラしながら、あっという間に読み終わってました。
と言いながら、2日もかけたけど。。。

最近、ほんとに読むペースが遅いです。単に時間をとってないだけですが。

★★★★ Total: 565,450

テーマ : やさしい洋書
ジャンル : 本・雑誌

tag : TimVicary.YL2

Story of Treasure Seekers(PGR2)
Story of Treasure Seekers (Penguin Readers Level, 2)Story of Treasure Seekers (Penguin Readers Level, 2)
(2000/03/28)
Edith Nesbit

商品詳細を見る

YL:2.3 WD:6,300

母親を亡くし、父親も事業に失敗したために学校にも行けなくなった6人の子供達。
なんとかお金を稼ぐ方法をみつけようと、みんなで知恵を出し合い、一つずつ試してみることに。
庭を掘る、詩を売る、プリンセスと結婚する・・いろいろ試したが、なかなかうまくはいかない。


リトールド版だからなのか、もともとこういうお話なのか、なんだか感情移入できないんですよね。。。
かわいそうに思えないし、そりゃあんた、犯罪でしょーが、って思うようなこともするし。

最後に出てくるインド人のおじさんに向かって、おもいっきり"poor man"といっちゃうところも、なんだかなぁ。
同じ作者の"Railway Children"が面白かっただけに、これはちょっと残念でした。
でも読みやすかったです。

★★ Total: 558,720
Mr. Putter & Tabby Pour the Tea
Mr. Putter & Tabby Pour the Tea (Mr. Putter and Tabby)Mr. Putter & Tabby Pour the Tea (Mr. Putter and Tabby)
(1994/03/30)
Cynthia Rylant

商品詳細を見る

YL:1.4 WD:550

Putterさんはひとりで暮らしていました。毎日、ひとりで朝のマフィンを食べ、午後のお茶をし、夜は話す相手もおらず、寂しく思っていました。
そして、猫と暮らしたいと思うようになりました。


Mr.Putterと猫のTabbyの出会いが描かれた本です。
これ、ずいぶん前にAmazonで注文していたのですが、1ヶ月以上経ってようやく送られてきました。
そしてなんと、注文したときよりも円高になって、今じゃずいぶん値段が下がってる。。。。ひどいなぁ。

お話の内容は、とってもいいです。
それぞれ寂しく暮らしていた老人と老猫が、お互いにかけがえの無い存在になっていく。ほんわかとあたたかくなるお話です。

もし、何十年後かに今飼っているぐりがいなくなってしまって、私も歳を取ったら、Tabbyみたいな猫を探そうかなぁ。なんて、考えただけで泣けてきた(涙)

★★★★★ Total: 552,420

テーマ : 洋書の児童書
ジャンル : 本・雑誌

tag : CynthiaRylant.YL1_MrPutter&Tabby

Treasure Island(PGR2)
Treasure Island (Penguin Reading Lab, Level 2)Treasure Island (Penguin Reading Lab, Level 2)
(2000/02/15)
Robert Louis Stevenson

商品詳細を見る

YL:2.4 WD:6,000


「宝島」のリトールド版です。
これも再読の筈なんですが。。。まったく読んだ記憶がありません。
それほどに印象に残らなかったのか。
そしてこれが、年末から年越しして読んだ本です。

宝が隠されている島へ向かう船員のほとんどが海賊で、いつ、誰が裏切るのか?みたいなハラハラ感はありました。
もうちょっと、冒険の感じが出てたらなぁ。
これもきっと、原書はもっとおもしろいんでしょうね。

★★★ Total: 551,870

テーマ : やさしい洋書
ジャンル : 本・雑誌

あけましておめでとうございます
昨年中は、たいへんお世話になりました。
多読を再開して、また「読む楽しみ」を思い出しました。
それに、日本中のあちこちに仲間がいるって、これほど心強いことはありません。
ありがとうございました。

年末はちょっとばかり減ってしまいましたが、また本日より気合いはそこそこに楽しく読んで行きたいと思います。

30日から読んでる本があって、それを2008年最後の本にしようと思ってたのに、まだ読み終わってません。。。なぜだ。。。
これから実家へ帰るので、2、3冊持っていって、うちでのんびり読みたいと思います。

それでは、楽しいお正月を!そして、みなさまにとってHappyな一年でありますように。
今年もよろしくお願いします。
ヒツジ読み募集中!
ヒツジ(並走)読みはみんなで同じ本を同時期に読み進めていく読み方です。詳細はヒツジ読みブログにて。
Profile

しろぱん

Author:しろぱん
2003年5月に多読開始。
今はのんびり洋書を楽しんでいます。

児童書中心ですが、すこしずつ大人向けPBにも手を出そうと思ってます。といいながら手をつけられていませんが。。
本を読むのは好きなので、マイペースで続けていきまーす。

猫飼い(4歳♂1歳♀)です。

ヒツジ読みブログ参加してます。

普段はアロマのお店をほそぼそとやってます。→blanc

しゃしん日記再開しました。→*しゃしん日和*

※記事中の★は、SSS書評の星の付け方を参考にしてます
 ★★★★★: 自信をもってお薦め
  ★★★★: かなりのお薦め
   ★★★: まあまあ
    ★★: 語学教材と思えばまあまあ
     ★: お薦めでない


*リンクフリーです。ご自由にどうぞ。
*記事と関係のないコメントおよびトラックバックは削除させていただく場合があります。

多読王国
Calender
12 | 2009/01 | 02
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
手持ちの本
Search
Feeds
タドクのリンク
Twitter!

Twitter Updates

    follow me on Twitter
    QRコード
    QRコード
    Categories & Monthly Archives
     
    作者orシリーズ別リスト
    Recent Entries
    Recent Comments
    Recent Trackbacks
    タドクの友
    CaramelBox情報
    キャラメルボックス公演情報
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。