2009/11
≪10  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   12≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
The Illustrated Mum 始めました
The Illustrated MumThe Illustrated Mum
(2004/10/25)
Jacqueline Wilson

商品詳細を見る

YL:5.5 WD:61,863

ヒツジ読み課題のこの本、昨晩より読み始めました。
さすがJW、最初からいきなり波乱の予感がぷんぷん。

この本、目次がないんですね。そして、章のタイトルはあるけど番号がない。
で、ぱらっと全ての章タイトルを見てみたら、あることに気付きました。。。ふふ。

Charlotte's Web の直後だからか、ちょっとだけど読みやすく感じます。時代の差も感じますね。
先は長いので、のんびり読んでいきます。
でも12月半ばまでには読み終わりたいなぁ~。

--
気分転換にテンプレートをクリスマスバージョンにしてみました。
スポンサーサイト
Charlotte's Web 読了
Charlotte's Web (Trophy Newbery)Charlotte's Web (Trophy Newbery)
(1974/05/15)
E. B. White

商品詳細を見る

YL:6.5 WD:31,455


読み終わりました。
たぶん、この表紙を見た人のほとんどが、Charlotteってこの女の子のことだと思うんじゃないのかなぁ~。私もてっきりそうだと思ってました。

命がつながっていく。ずっと受け継がれていくものがあるんだよね。
ラストはけっこう好きでしたよ。
でも前半と後半で(私の気分が)こんなに違うとは。。。

読み終わったら、なぜ前半が苦手だったのか分析してみようと言ってましたが、結局のところよくわかりません。
文体に慣れていなかったということ、前半、物語の方向がよくみえなかったこと、説明文が多いように思えたこと(これは感覚的な物なので、実際には違うのかも)、とかかなぁ。
文体がどうのこうのと言える程、細かく読めている訳ではないんですけどね。

ネタバレ感想は続きで。

★★★ Total:2,868,822

続きを読む

テーマ : 洋書の児童書
ジャンル : 本・雑誌

Hector Protector and As I Went Over the Water : Two Nursery Rhymes
Hector Protector and As I Went Over the Water: Two Nursery RhymesHector Protector and As I Went Over the Water: Two Nursery Rhymes
(2000)
Maurice Sendak

商品詳細を見る

YL:0.5 WD:100


Mother Gooseの二つのrhymeに、Maurice Sendakがイラストをつけた絵本です。
rhyme自体はいまひとつわからない部分もあるのですが、イラストだけでも独自のストーリーがあって、けっこうおもしろいです。

文章ももちろんリズムがよくて、ちびっこに読み聞かせするのも楽しそう。
内容的に子供に向いてるかどうかは別として(笑)

やんちゃ坊主がでてくるのは、"Where the wild things are"と同じ。
これがなかなか、嫌いじゃないんですよね。

★★★★ Total:2,837,367

テーマ : 洋書の絵本
ジャンル : 本・雑誌

tag : MauriceSendak.YL0

Charlotte's Web 進捗報告(16/22)
Charlotte's Web (Trophy Newbery)Charlotte's Web (Trophy Newbery)
(1974/05/15)
E. B. White

商品詳細を見る

YL:6.5 WD:31,455


苦手意識が強かった前半ですが、10章を過ぎたあたりから少し波に乗ってきました。
CharlotteがWilbarを救う為に、あることを思いついたあたりですね。

総語数が多くなってくると、その話にのめり込めるかどうかって、すごく大きいですよね。
前回、9章まで読んでたと言いましたが、今回もそのあたりまではいまいち乗れないままでした。
内容を読み取れてないところは多いと思いますが、乗れない何かがあったんだろうなぁ。とはいえ、それが何かはまだわかりません。
読み終わったところで、自分なりに分析してみますかね。
Lucille (ICR)
Luccille
Lucille (I Can Read)
(1964/12)
Arnold Lobel

商品詳細を見る

YL:0.5 WD:540

Lucilleは働き者の馬。ある日、水たまりに写った自分の姿を見たLucilleは、"I am dull and dirty."と悲しくなってしまいました。

Lucilleの表情がとってもいいです!それと、あちらこちらに飾り的に書かれているお花のイラストがかわいい♪
Lucilleも女の子なのよね~。でも最後は、ちゃんとHappyに。
あるがままでいいんだよってことを、かわいく教えてくれてる本です。

★★★★ Total:2,837,267

テーマ : 洋書の絵本
ジャンル : 本・雑誌

tag : ArnoldLobel.YL0

The Aura-Soma Sourcebook: Color Therapy for the Soul
The Aura-Soma Sourcebook: Color Therapy for the SoulThe Aura-Soma Sourcebook: Color Therapy for the Soul
(2006/06/27)
Mike BoothCarol Mcknight

商品詳細を見る


ずっと欲しいなと思っていた本。お値段的にも、英語ってことでも踏み切れないでいたのですが、自分のため!と思ってついにぽちりとしました。

オーラソーマ®は表紙にあるような色々な色の組み合わせの液体が入った107本のボトルから4本を選んでもらい、カウンセリングをしていきます。選ばれた色(ボトル)には、自分が今いる状態であったり、無意識に思っていたこと、感じていたことが投影されます。

んでんで、この本はボトル1本ずつを見開き2ページで解説してあります。
ボトルの写真だけでなく、そのボトルに関連する風景写真がいくつか掲載されてまして、これがきれいなんですよー!!
写真だけみても、ボトルから受け取るイメージが膨らんでくるんです。

文章は、オーラソーマの、というか、たぶんこういう系統の本でよく使われる特別な言い回しがあるようですが、それほど難しくない印象でした。

ほんとこれは見てるだけでもいいです。
思い切って買ってよかった~!
これは翻訳されていないのですが、英語版を買おうと思えたのも、やっぱり多読をしているからだよね~。

テーマ : 洋書
ジャンル : 本・雑誌

The Man Who Took the Indoors Out
The Man Who Took the Indoors Out
The Man Who Took the Indoors Out
(1974/08)
Arnold Lobel

商品詳細を見る

私的YL:2.0

Bellwood Bouseさんは大好きな物に囲まれ、大きな家で暮らしていました。
毎朝、掃除をするところから一日が始まります。

Arnold Lobelさんの1974年の作品。
語数はわからず。数えるのが面倒なのでノーカウントで。

タイトルにあるとおり、家の中を外にだしちゃった男の人の話。
ファンタジーっぽい感じなのですが、微妙に韻を踏んでいるのでしょうか?少し読みにくかったです。。

このおじさん、体型がちょっとFrog and Toadっぽい。グリーンのズボンはいてるしな~。
イラストは一つ一つの物がすごく丁寧にかかれていて、眺めるのは楽しいです。

★★☆ ←2個半で(笑)
 

テーマ : 洋書の絵本
ジャンル : 本・雑誌

tag : ArnoldLobel.YL2_Other

Charlotte's Web ヒツジ読み開始
Charlotte's Web (Trophy Newbery)Charlotte's Web (Trophy Newbery)
(1974/05/15)
E. B. White

商品詳細を見る

YL:6.5 WD:31,455

Matildaがようやく終わったので、引き続きヒツジ読みでCharlotte's Webを開始しました。

以前、並行して読んでいた他の本に集中してしまい、9章まで読んだところで中断した本です。まあ、話にのめり込めなかったのが原因なんですが。
内容がうろ覚えなので、もう一度最初から行きます。
で、いま2章途中くらい。

・・・うーん、やっぱり合わないのかなぁ~。
おススメ本と書いてあることが多いのに、いまいち話に乗れないでいます。
ヒツジ読みすることで、前回とは違った視点でおもしろく読めるといいなぁ。

テーマ : 洋書の児童書
ジャンル : 本・雑誌

Matilda 読了!
MatildaMatilda
(2001/04/05)
Roald Dahl

商品詳細を見る

YL:6.5 WD:39,785


読み終わりましたー!1ヶ月近くかかったなぁ。。。
途中、難しくて苦戦してました。
"The First Miracle"あたりから波に乗って、最後まで飽きること無く読めました。Matildaちゃん、よくがんばりました!
ネタバレかもしれない感想は続きで。

★★★★ Total:2,836,727

続きを読む

テーマ : 洋書の児童書
ジャンル : 本・雑誌

tag : RoaldDahl.YL6

A Holiday For Mister Muster
A Holiday for Mister Muster


 A Holiday For Mister Muster
 story and pictuers by Arnold Lobel

 YL:1.5 WD:550


動物園の動物達がみんな風邪を引いてしまいました。
飼育係のMister Musterはお医者さんに電話して来てもらいましたが、お医者さんからは運動と新鮮な海風が必要だと言われます。
Mister Musterはお弁当とバスを用意し、動物達を連れて海へ行くことに。

残念ながら、日本版Amazonさんでは扱っていないようです。古い本だからもう絶版なのかも。
なぎさんがLobelさんまつりをしているのを見て、私も読みたくなっていくつか図書館でリクエストしてみました。
これって、もう1冊シリーズの本があるみたいです。

アンバランスな体型のMister Musterのイラストが、なかなかいい味してます。動物達もとってもいい顔しててかわいい。
とってもほのぼのするお話です。

★★★★ Total:2,796,942

テーマ : 洋書の絵本
ジャンル : 本・雑誌

tag : ArnoldLobel.YL1_Other

Encyclopedia Brown, Boy Detective
Encyclopedia Brown, Boy DetectiveEncyclopedia Brown, Boy Detective
(1985/04/01)
Donald J. Sobol

商品詳細を見る

YL:3.5 WD:17,434


Leroy Brownは"Encyclopedia"と呼ばれている賢い少年。ある日、探偵事務所を開いて、困っている人の手助けをし始めた。

10個の事件をLeroyと共に解いていきます。読者にそのトリックを考えさせる形式で、本編は謎かけで終わりますが、その解答が最後にまとめてあります。

そもそもアメリカの歴史とかを知らないと解けないものもありますが、よーく読んでいくとヒントがあります。7割ぐらいは正解したかな~。

この本、「Big Fat Cat」の本で紹介されてたので、知ってる人は知ってますよね。簡単に読めるかと思って、多読をする前に手に入れたのですが、その時はひーひー言いながら読みました。
今回はかなり楽に読めたので、それだけ成長したってことですね。

★★★ Total:2,796,392

テーマ : 洋書の児童書
ジャンル : 本・雑誌

流星の絆
流星の絆流星の絆
(2008/03/05)
東野 圭吾

商品詳細を見る


これも、図書館で昨年の10月くらいに予約をしたもので、やっと読むことが出来ました。
1年前、ちょうどドラマをやってたんですよね。
でも原作を楽しみたかったので、ドラマは見ませんでした。

洋食屋を営んでいる両親を殺されてしまった兄2人と妹。犯人は捕まらないまま、もうすぐ時効を迎えようとしていた。

強い絆で結ばれている3人。
妹を想う2人の兄の気持ちに、涙してしまいました。
あ、兄妹でくっつくって話じゃないですよー。
もちろん、殺人が行われていますし、ラスト近くで悲しいできごともあるのですが、それでもこの3兄妹のこれからが幸せな物になることを予感させる、とてもほっとする結末でした。

テーマ : 図書館で借りた本
ジャンル : 本・雑誌

Matilda 進捗報告 (13/21)
MatildaMatilda
(2001/04/05)
Roald Dahl

商品詳細を見る


なかなか進捗率があがってませんが、13章"The Weekly Test" を読み終えて、次の"The First Miracle"の途中です。

校長がでてくるととたんに単語が難しくなるような気がするのですが。。。気のせい?
ほとんどわかりません。

ネタバレ発言は続きで。

続きを読む

Mr. Putter & Tabby Pick the Pears
Mr. Putter & Tabby Pick the Pears (Mr. Putter and Tabby)Mr. Putter & Tabby Pick the Pears (Mr. Putter and Tabby)
(1995/09/15)
Cynthia Rylant

商品詳細を見る

YL:1.5 WD:878

秋。Putterさん家の裏庭には、熟したりんごやトマトや梨がたわわに実っています。Putterさんが特に好きなのが梨。でも歳を取ったPutterさんは、はしごに登って梨を穫ることができません。

今の季節にぴったりなお話です。が、トマトって夏だよね。。。?
それはともかく、このお話、Putterさんシリーズの中でもかなり上位にくるくらい好きです。
PutterさんとTabbyが「ん?」って感じで目を合わせるシーンがいいなあ(笑)
ネタバレになってしまうので詳しくは書きませんが、けっこう笑えました。

★★★★★ Total:2,778,958

テーマ : 洋書の絵本
ジャンル : 本・雑誌

tag : CynthiaRylant.YL1_MrPutter&Tabby

Mr. Putter and Tabby Toot the Horn
Mr. Putter and Tabby Toot the HornMr. Putter and Tabby Toot the Horn
(1999/08/09)
Cynthia Rylant

商品詳細を見る

YL:1.3 WD:595

Putterさんとお隣のTeaberryさんには共通点がいっぱい。その一つが、音楽を聴くのが好きということ。
TeaberryさんはバンドをやりましょうよとPutterさんに持ちかけました。

Teaberryさんは相変わらず好奇心旺盛で、何事にも積極的。素敵です。
楽器なんかできないよというPutterさんに言った言葉が"You can if you want to."

どうなったかは。。読んでのお楽しみ♪

最近、お風呂で本を読んでいると、すごく眠くなります。。。Putterさんくらいの長さがちょうどいいや。
で、2回読むのです。1回目はお話を楽しんで、2回目は絵の細かいところも一緒に楽しんで。
YL1の本でもわからない文章があったりするので、2回目でなるほど、と意味がするっと入って来たりもします。

★★★★ Total:2,778,080

テーマ : 洋書の絵本
ジャンル : 本・雑誌

tag : CynthiaRylant.YL1_MrPutter&Tabby

Where the Wild Things Are
Where the Wild Things AreWhere the Wild Things Are
(1988/11/09)
Maurice Sendak

商品詳細を見る

YL:0.6 WD:362


有名な絵本ですが、今まで読んだことがありませんでした。
映画化もされてるようですね。こちらは1月公開になってました。
"The Wild Things"がでてくるし、おそろしいお話なのかと思いきや。。。
最後はほっこりしてしまいました。

イラストが細かくて、落ち着く色合いなのも結構好きです。
登場する男の子やWild Thingsの表情もいいです。
コルデコット賞受賞作。

★★★★ Total:2,777,485

テーマ : 洋書の絵本
ジャンル : 本・雑誌

tag : MauriceSendak.YL0

Sarah, Plain and Tall
Sarah, Plain and Tall (Sarah, Plain and Tall Saga #1)Sarah, Plain and Tall (Sarah, Plain and Tall Saga #1)
(1987/09/04)
Patricia Maclachlan

商品詳細を見る

YL:3.5 WD:8,251


ちょっと前にヒツジ読みされていた"Baby"の作者、Patricia Maclachlanの作品。
弟が生まれてすぐに母親を亡くした女の子の目線で物語が進みます。Papaが新聞でお嫁さん候補を募ると、海のそばに住むSarahから返事があります。

"Plain and Tall"の意味が読んで初めてわかりました(笑)
ちょっと前に読んだ"Double Act"と設定は似てるんですよね。母を亡くした子供達のところへ新しい母親候補がやってくるという。
でも全然違う物語。描かれている時代が違うというのもあるのでしょうが、語っているAnna自身の気持ちよりも、情景描写の方が丹念に描かれていて、それがかえってAnnaの今の心を表現しているようでとても染みます。

全体に、暖かくて穏やかな風が吹いているような、とても静かなお話です。
"Baby"でもそういう表現をされてる方が多かったですので、Maclachlanさんの作風なんでしょう。

前々から読みたいと思っていたのですが、図書館にこれだけあったので借りました。
私が読んだのは日本語解説がついているバージョンでしたので、翻訳された方のコメントとか、翻訳する上で作者に問い合わせた内容とかが載っていて、それも楽しめました。

★★★★ Total:2,777,123

テーマ : 洋書の児童書
ジャンル : 本・雑誌

ヒツジ読み募集中!
ヒツジ(並走)読みはみんなで同じ本を同時期に読み進めていく読み方です。詳細はヒツジ読みブログにて。
Profile

しろぱん

Author:しろぱん
2003年5月に多読開始。
今はのんびり洋書を楽しんでいます。

児童書中心ですが、すこしずつ大人向けPBにも手を出そうと思ってます。といいながら手をつけられていませんが。。
本を読むのは好きなので、マイペースで続けていきまーす。

猫飼い(4歳♂1歳♀)です。

ヒツジ読みブログ参加してます。

普段はアロマのお店をほそぼそとやってます。→blanc

しゃしん日記再開しました。→*しゃしん日和*

※記事中の★は、SSS書評の星の付け方を参考にしてます
 ★★★★★: 自信をもってお薦め
  ★★★★: かなりのお薦め
   ★★★: まあまあ
    ★★: 語学教材と思えばまあまあ
     ★: お薦めでない


*リンクフリーです。ご自由にどうぞ。
*記事と関係のないコメントおよびトラックバックは削除させていただく場合があります。

多読王国
Calender
10 | 2009/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
手持ちの本
Search
Feeds
タドクのリンク
Twitter!

Twitter Updates

    follow me on Twitter
    QRコード
    QRコード
    Categories & Monthly Archives
     
    作者orシリーズ別リスト
    Recent Entries
    Recent Comments
    Recent Trackbacks
    タドクの友
    CaramelBox情報
    キャラメルボックス公演情報
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。