2010/01
≪12  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   02≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Charlie and the Chocolate Factory ヒツジ読み開始 (5/30)
Charlie and the Chocolate FactoryCharlie and the Chocolate Factory
(1998/06/01)
Roald Dahl

商品詳細を見る

YL:4.5 WD:29,743

ヒツジ読み開始しました。
えーと・・・24日の夜から始めたのかな?宣言が遅くなりました(汗)
すでに5章まで。

再読かつ映画を見たので、だいぶ理解度が上がってるような気がします。前の時も、工場に入る前まではわりとスイスイ読んでたんですがね。

続きあります。

続きを読む

スポンサーサイト
The Robber Hotzenplotz
The Robber HotzenplotzThe Robber Hotzenplotz
(2003/01)
Otfried Preussler

商品詳細を見る

私的YL:4.5 語数:22,000

カスパールとゼッペルがおばあさんにお誕生日プレゼントで渡したオルゴール付きのコーヒーミルを、大どろぼうホッツェンプロッツに盗まれた!2人は無謀にも、コーヒーミルを取り戻す為にホッツェンプロッツを追いかけますが。。

原書はドイツ語です。確か。名前が読めないよね。
子供の頃、大好きだった本で何度も読みました。「ふたたびあらわる」「みたびあらわる」と3部作になってますが、英訳されているのが1巻目しかありませんでした。

でも大好きだったわりにあまり細かいところを覚えてなくて、3巻のお話が私の中でごっちゃになってたみたいです。ある意味、新鮮に読めました(笑)

ホッツェンプロッツもただのおばかな大どろぼうではないところが、またおもしろいんですよね。今読むと、つっこみたいところもあるにはあるんですが(笑)、子供のころの私が夢中になって読んでたのもすごくわかります。

数年前、ドイツに行った時に入った本屋さんに、この本の原書がおいてありました。おおーなつかしーと手にとって見ていたら、店主さんと思われる方が「これはドイツでは有名な本だよ」と教えてくれました!(英語で)
私も「これ子供の頃に読んで好きだったのー」と答え・・たかったんですが、残念ながら当時はそんな言葉すら出てこず。
今なら、それくらいは伝えられるかも。

※語数は自分でカウントしました。

★★★★ Total:3,055,240

テーマ : 洋書の児童書
ジャンル : 本・雑誌

Little Old Mrs Pepperpot
小さなスプーンおばさん―Little old Mrs Pepperpot【講談社英語文庫】小さなスプーンおばさん―Little old Mrs Pepperpot【講談社英語文庫】
(2001/07/01)
アルフ・プリョイセンAlf Proysen

商品詳細を見る

YL:5.5 語数:16,000


ある朝目覚めたら、コショウ入れサイズにちっちゃくなってしまったおばさん。この日に限って、やらなきゃいけないことがたくさんあるのに。。。

日本では「スプーンおばさん」ですが、原題は「コショウ入れおばさん」なんですよねー。
前半はスプーンおばさんの短編ですが、後半はおもちゃやネズミなどが主人公の別のお話の短編集です。

で、スプーンおばさんのところはまだよかったのですが、後半はいまひとつ楽しめず。
なので、実はずいぶん前に読み始めて、ほったらかしにしていたのです。
意外とレベルも高かった。

ハリポタが終わった後、続きから読み始めたら読めたので読了しました。
これもハリポタ効果?(笑)

★★ Total:3,033,240

テーマ : 洋書の児童書
ジャンル : 本・雑誌

300万語記念-面白かった本リスト(GR編)
面白かった本GR編です。
実は、この100万語ではほとんどGRを読んでないのですね。。。
でも多読の始めにはGRって取っ付きやすいし、最近は音源付きのものも増えてるし、さらに原作は難しくて無理だけどリトールドで雰囲気だけでも味わいたいって時に、満足感を満たしてくれるし。

というわけで、何かの参考になればと。
かなり偏ってる気がしないでもないけど。

The Coldest Place on Earth (OBW1)
 Tim Vicaryさんはやっぱり面白い。

Heidi (PGR2)
 ハイジー!ペーター!ってCMがつい。。
 リトールドですが、十分堪能できます。

The Secret Garden (PGR2)
 これで内容を知りました(^_^;)原作も読んでみたい。

The Love Of a King (OBW2)
 イギリス王室の話、好きなんですよね。その中でもかなり好きなお話。

Henry VIII & His Six Wives (OBW2)
 これまたイギリス王室のお話。

The Ring (PGR3)
 ラストは衝撃的。

Love Actually (PGR4)
 映画のリトールドですね。

やっぱり偏ってるなぁ。。。(笑)
リトールドについては、その要約の仕方にもよるけど、原作のよさで面白いと思えてる部分はかなりあると思います。

さて、300万語ってえらそーに書いてるけど、ほんとたいしたことないよねぇ。。。いや、私は楽しむ為に多読をやっている!それに英語力が付いてくれば。。。いつの日か。。。たぶん。
300万語記念-面白かった本リスト(絵本・児童書編)
これまでに読んだ中で面白かった本を紹介しますと宣言してから、ずいぶん日にちが経ってしまいました(^_^;)
個人的にこれは楽しかったーという本をレベル別に紹介したいと思います。

今回は絵本、児童書編です。でもなかなか選べないんですよね。。。というかほぼ有名な本しか読んでないので、今更紹介って、て感じでもあります。
ともかくいってみましょう。

YL0.0~0.9
A Color of His Own (Leo Lionni)
 Leo Lionniさんはいいですね。イラストも素敵だし、大人がよんでも十分に楽しめる内容。
 このレベルはほとんどがGRだったりするので、選べる本が限られてきます。

YL1.0~1.9
Mr.Putter and Tabbyシリーズ (Cynthia Rylant)
 特にPutterさんとTabbyの出会いの本"Pour the Tea"ははずせません。あともうちょっとでコンプリートだー!

Madeline (Ludwig Bemelmans)
 これは敢えて、シリーズとは言いません(笑)ヘタウマちっくなイラストが素敵。
 元気なマドレーヌも他の子供達もかわいいです。

Willy's Pictures (Anthony Browne)
 有名絵画のパロディ本。かなり笑えました。

YL2.0~2.9
Curious George Learns the Alphabet
 ジョージがかわいすぎる♪

Katy and the Big Snow (Virginia Lee Burton)
 Burtonさんの本は、"The Little House"や"Choo-Choo"など生物でないものが擬人化されたお話が多いですね。
 これもかわいい雪かき車の本です。
 
YL3.0~3.9
Magic Tree Houseシリーズ (Mary Pope Osborne)
 特に印象に残っているのは、"Tonight on the Titanic"と"Stage Fright on a Summer Night"かな。

Sarah, Plain and Tall (Patricia Maclachlan)
 静かなお話。この世界観はけっこう好きでした。

Catwingsシリーズ (Ursula K. Le Guin)
 無条件にねこが好き。みたいになってますが。
 文章もイラストも、どちらもいいです。

YL4.0~
There's A Boy in the Girl's Bathroom (Louis Sachar)
 Sacharさんの本はまだ未読のものがたくさんあるのですが、今まで読んだ中では一番です。

The Illustrated Mum (Jacqueline Wilson)
 JW作品の中でどれを選ぼうかと悩みましたが、やはりこれで。
 辛い展開だったけど、これぞまさしくJWかな。


YL1、2の本が一番悩みました。まだまだ面白かった本はたくさんあるんですよねー。Marvin君や、Leo Lionniさんの本ももっとおもしろいのがあるのに。Lobelさんもいれてない!!!
うーん一番を選ぶのって難しいなぁ。


300万語通過しました♪
Harry Potter and the Chamber of Secrets にて300万語通過となりました。

200万語を通過したのが昨年の2月24日。そこから300万語まで323日かかりました(汗)かなりのんびりペース。

これまで読んだ本の冊数:500冊(200万語通過後135冊)
 GR、LR:256冊
 その他絵本や児童書:244冊

レベル別
 0 :58
 1 :134
 2 :150
 3 :132
 4 :15
 5 :4
 6 :3
 7 :1
 8 :1
 9 :2 



GR・LRをめっきり読まなくなりました。図書館にないからね。
それから、YL4以上の本をよむ機会が少し増えました。

そして、キリよく300万語で500冊読了!そうなるように、調整したんですけどね。。(笑)

ここまで来ても、やっぱりそれほど英語ができるようになったなーという実感はありませんが、続けていくことに意義がある!多読はすっかり生活の一部となったので、これからも趣味の一つとしてでも続けていくことでしょう。

で、ちょっと手持ちの本を振り返ってみたら、未読本がかなりあるということに気付きました(-_-)
それを消化しつつ、次の400万語は年内に達成できるようにしたいなと思います。

そしてそして、これまでの個人的面白かった本はまた次の記事で(引っ張るな~)。
Harry Potter and the Chamber of Secrets 読了!
Harry Potter and the Chamber of Secrets (UK) (Paper) (2)Harry Potter and the Chamber of Secrets (UK) (Paper) (2)
(1999/05/28)
J.K. Rowling

商品詳細を見る

YL:9.4 語数:85,141

読み終わりましたー!1ヶ月以上かかりました。長かったなぁ。
ハリー君も無事にホグワーツの2年目を終了しました。

いやー、難しかった。でも、映画ではさらっと流してたり省略されていたことを知ることができたのはいいですね。
2巻はこれから先の闘いの序章と言う感じで、おそらく伏線になるんじゃないかと思われることもちらほらとありました。3巻も夏までには読みたいな。

続きでさらに感想を。

★★★★ Total:3,017,240 ←300万語通過!

続きを読む

テーマ : 洋書の児童書
ジャンル : 本・雑誌

tag : JKRowling. JKRowling.HarryPotter

Curious George Goes to a Chocolate Factory
Curious George Goes to a Chocolate FactoryCurious George Goes to a Chocolate Factory
(1998/10/26)
Margret ReyH. A. Rey

商品詳細を見る

YL:2.5 語数:661

しりたがりやのおさるのジョージと友達の黄色い帽子のおじさんは、ドライブの途中でチョコレートショップに立ち寄ります。おじさんがお買い物をしている間、ジョージは工場見学をしている人達を見つけて興味津々。

おとなしく待ってなさい、と言ったところで、ジョージがじっとしてるわけないじゃないさー(笑)
今回はトラブルを起こさず。。。って、あれ、上手に収めたのもジョージだけど、原因を作ったのもジョージだよね?
まあ、ジョージの最後のお腹いっぱいって顔がかわいいので許します。

★★★ Total:2,932,099

テーマ : 洋書の絵本
ジャンル : 本・雑誌

Harry Potter and the Chamber of Secrets 進捗報告(15/18)
Harry Potter and the Chamber of Secrets (UK) (Paper) (2)Harry Potter and the Chamber of Secrets (UK) (Paper) (2)
(1999/05/28)
J.K. Rowling

商品詳細を見る

YL:9.4 語数:85,141

あけましておめでとうございます・・・
気付けばもう9日じゃないですか。今頃、初更新です。今年もどうぞよろしくお願いします。

初更新はやはりハリポタ。年末年始、ちゃんと読んでましたよ。あんまり進んでませんけどね。
現在、1615章を読み終えて、1716章にきました。とうとう、秘密の部屋の正体が明らかに!!!
(↑読んだ章をまちがってました。。。^_^; 訂正しました 1/11)

では続きで。

続きを読む

tag : JKRowling. JKRowling.HarryPotter

ヒツジ読み募集中!
ヒツジ(並走)読みはみんなで同じ本を同時期に読み進めていく読み方です。詳細はヒツジ読みブログにて。
Profile

しろぱん

Author:しろぱん
2003年5月に多読開始。
今はのんびり洋書を楽しんでいます。

児童書中心ですが、すこしずつ大人向けPBにも手を出そうと思ってます。といいながら手をつけられていませんが。。
本を読むのは好きなので、マイペースで続けていきまーす。

猫飼い(4歳♂1歳♀)です。

ヒツジ読みブログ参加してます。

普段はアロマのお店をほそぼそとやってます。→blanc

しゃしん日記再開しました。→*しゃしん日和*

※記事中の★は、SSS書評の星の付け方を参考にしてます
 ★★★★★: 自信をもってお薦め
  ★★★★: かなりのお薦め
   ★★★: まあまあ
    ★★: 語学教材と思えばまあまあ
     ★: お薦めでない


*リンクフリーです。ご自由にどうぞ。
*記事と関係のないコメントおよびトラックバックは削除させていただく場合があります。

多読王国
Calender
12 | 2010/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
手持ちの本
Search
Feeds
タドクのリンク
Twitter!

Twitter Updates

    follow me on Twitter
    QRコード
    QRコード
    Categories & Monthly Archives
     
    作者orシリーズ別リスト
    Recent Entries
    Recent Comments
    Recent Trackbacks
    タドクの友
    CaramelBox情報
    キャラメルボックス公演情報
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。