2010/02
≪01  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28   03≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Christmas in Camelot(MTH#29)
Magic Tree House #29: Christmas in Camelot (A Stepping Stone Book(TM))Magic Tree House #29: Christmas in Camelot (A Stepping Stone Book(TM))
(2001/10/23)
Mary Pope Osborne

商品詳細を見る
YL:3.1 語数:11,092

あれから数ヶ月。季節は冬になりました。
JackとAnnieは久しぶりにMagic Tree Houseが戻ってきているのを発見します。ツリーハウスの中には、クリスマスのCamelotへの招待状がありました。

JackとAnnieと同じく、私も久しぶりにMTHを借りてきました。29巻から趣きが変わって、語数も増えて1冊で完結のようです。
語数が増えた分、読み応えもありますし、この世界にどっぷり浸れます。
久しぶりに読むとすごく読みやすく感じました。これまでと少し違ってるのもまたいいなあ。
でもああこれこれっていう懐かしさもあって、楽しかったです。

前に、アーサー王の伝説を読んでたことが少し役に立ちました。といっても、細かいことはあんまり覚えてないんで、人の名前が読みやすかったってくらいですけど(笑)

★★★★
スポンサーサイト

tag : MaryPopeOsborne.YL3_MagicTreeHouse

Mr. Putter and Tabby Paint the Porch
Mr. Putter and Tabby Paint the PorchMr. Putter and Tabby Paint the Porch
(2001/10/01)
Cynthia Rylant

商品詳細を見る
YL:1.5 語数:575


ある春の日、PutterさんはTabbyに本を読んであげようとポーチに出ます。でもPutterさんはポーチの柱や手すりが気になりはじめ、ペンキを塗ることにしました。

2月22日は猫の日ですよー。紀伊国屋BookWebで注文していたこの本が今日届きました。
他の本も一緒に注文して、この本だけ先に送られてきました。別に送料を取られる訳じゃないけど、全部一緒に揃ってからでもいいのになぁ~~~。もったいない気分になります。

ともかく、今回もTabbyがか~わい~!!!他の動物さんも登場しますよ。
予想されたアクシデントが起こってしまうわけですが、最後はちゃんと落ち着いた色のポーチに。。(笑)

これで、現時点で発行されているペーパーバック版のMr.Putter&Tabbyシリーズはコンプリート!
今年の秋頃、新たなペーパーバック版が発売されるのと、また別に新作が2つ出るらしいです。
集める楽しみがまだ続くのは嬉しいな♪

★★★★★

テーマ : 洋書の絵本
ジャンル : 本・雑誌

tag : CynthiaRylant.YL1_MrPutter&Tabby

A Bear Called Paddington ヒツジ読み開始
A Bear Called PaddingtonA Bear Called Paddington
(2003/11/03)
Michael Bond

商品詳細を見る
YL:5.5 語数:23,122


ヒツジ読み開始しました。ぼちぼち行きます。
絵本を一度読んだので、とっかかりは大丈夫じゃないかなと。
Charlie and the Great Glass Elevator 読了
Charlie and the Great Glass Elevator (Puffin Modern Classics)Charlie and the Great Glass Elevator (Puffin Modern Classics)
(2005/05/05)
Roald Dahl

商品詳細を見る

YL:5.4 語数:30,753


読み終わりました。区切りの良いところで進捗報告しようと思っていたのにブログを書きそびれて、そのままラストまで行ってしまいました。

正直、最初は苦戦しました。翻訳本を並行して読んで調子を上げてみました。
最後の方はだいぶ乗ってきましたよー。

Wonkaさんの心のうちなんかも垣間見えて、チョコレート工場より人間ぽく思えましたね。
おもしろかったですよ。でも不思議なことが・・・(笑)
では続きで。

★★★

続きを読む

テーマ : 洋書の児童書
ジャンル : 本・雑誌

tag : RoaldDahl.YL5

The Mitten
MittenMitten
(1964/06)
Alvin R. Tresselt

商品詳細を見る

YL:2 語数:804


森で薪を拾っていた男の子が、手袋を片方落としてしまいます。
そこにやってきたのはネズミ。暖かそうと中に入ります。

ウクライナの民話で、いろんな方のバージョンがあるらしいです。確かに図書館でもいくつかありました。
が、よくわからなかったのでえいやっと選んだのがこれ。
イラストがかわいい。色使いもきれいですね。

私が子供の頃によんだのはこちらの本。
てぶくろ―ウクライナ民話 (世界傑作絵本シリーズ―ロシアの絵本)てぶくろ―ウクライナ民話 (世界傑作絵本シリーズ―ロシアの絵本)
(1965/11)
不明

商品詳細を見る

英語版はないんでしょうかねー?

★★★

テーマ : 洋書の絵本
ジャンル : 本・雑誌

JUMANJI
JumanjiJumanji
(1981/04/27)
Chris Van Allsburg

商品詳細を見る

YL:2.5 語数:1,789


Allsburgさん、前回借りた本が個人的にいまいちでしばらく遠ざかっていたのですが、超有名なこの本を借りてきました。
イラストがほんと細かくて写真みたい!!

映画は見たことはなくても何となくの設定は知っていたので、そういう意味では驚き!って感じはなかったのですが、やっぱりいいですね。
お猿がゲームしてるテーブルをのぞいているイラストがツボでした(笑)

★★★

テーマ : 洋書の絵本
ジャンル : 本・雑誌

tag : ChrisVanAllsburg.YL2

エンドゲーム-常野物語
エンド・ゲーム―常野物語 (集英社文庫)エンド・ゲーム―常野物語 (集英社文庫)
(2009/05/20)
恩田 陸

商品詳細を見る


久々の和書です。
これは、『光の帝国』、『蒲公英草紙』に続く、常野(とこの)と言われる不思議な力をもった一族のお話です。

今回は「裏返す」ことの出来る家族のお話。
って言っても、なんのことやらわかりませんねー。人間社会に異質なものが混じっていて、それがその人に取って一番嫌なものに見えるらしく、それと戦って「裏返す」と「それ」はそれまでの記憶をなくして全く別のものになってしまう、らしい。
って説明しててもよくわかりませんが。

とても奇妙な世界が広がってます。あとがきでは「シニカルな気分」がそのまま内容に現れた、とありますし。
すごく異質でもやもやしてて、つかみ所がない感じ。でもラストは少し救われた気がします。

テーマ : 図書館で借りた本
ジャンル : 本・雑誌

Avatar 【映画】
いま巷で話題の「アバター」3D版を見てきました。
YouTubeの予告編
↑埋め込み不可だったのでリンクで。

まったく前情報なしで見たのですが、感想は。。。アメリカーンな映画だなぁと(笑)
3Dは最初はすごーい!って思ったけど、だんだん慣れてきてあんまり3Dを感じなくなりました(汗)
それに眼鏡をかけてるのに疲れてきちゃった。

映像はすごくキレイで、前半はけっこうおもしろく見てました。アバターって設定もおもしろいし、自然と繋がっているナヴィの存在もよかったし。
ちょっとナウシカとかもののけ姫を髣髴とさせるようなテーマ。

でもね。。。個人的にはあんまり好きじゃないかな。どうしても、殺し合うってのがだめです。。うむー。

英語はそれほど意識して聴いてなかったので、ぜんぜん聴き取れてません。あはは。

テーマ : 洋画
ジャンル : 映画

Charlie and the Great Glass Elevator ヒツジ読み開始(5/20)
Charlie and the Great Glass Elevator (Puffin Modern Classics)Charlie and the Great Glass Elevator (Puffin Modern Classics)
(2005/05/05)
Roald Dahl

商品詳細を見る

YL:5.4 語数:30,753


また宣言が遅くなりました(汗)
チョコレート工場が終わった後、続けて読み始めました。が、チョコレート工場とはあまりに展開が違うので、最初は戸惑ってしまい、つい、図書館で翻訳版を借りてきてしまいました。

ガラスのエレベーター宇宙にとびだす (評論社の児童図書館・文学の部屋)ガラスのエレベーター宇宙にとびだす (評論社の児童図書館・文学の部屋)
(1978/01)
ロアルド・ダールJ・シンデルマン

商品詳細を見る

それにしても言葉遣いが古い。。。それに私が得意ではない翻訳文でした。(ごめんなさい)
原書の方が時代を感じずに読むことが出来ます。そして、挿絵がQuentin Blakeさんじゃなくて、すごく怖いのよー。
面白い話なのに、なんでこの挿絵なんだろう。。と不思議に思います。

それともう一つ、じーちゃんばーちゃんの名前がカタカナになるとわかりにくいんです。
ジョーじいさん、ジョセフィンばあさん、ジョージじいさん、ジョージナばあさん。
英語表記の方が区別がつきます。だから私、翻訳本がだめだったんだ、という事実に今頃気付きました。
Mr. Putter & Tabby Run the Race
Mr. Putter & Tabby Run the Race (Mr. Putter and Tabby)Mr. Putter & Tabby Run the Race (Mr. Putter and Tabby)
(2010/01/18)
Cynthia Rylant

商品詳細を見る

YL:1.2 語数:700

Putterさんは、お隣のTeaberryさんからシニアマラソンに誘われます。マラソンなんてムリ、と断ろうとするPutterさんですが、2位の賞品がおもちゃの電車セットときいて、俄然やる気になります。さあ、マラソンの準備を始めるPutterさんですが。。

予約していたこの本、1月に発売になってやっと届きました。
最初のタイトルページにある、靴箱の中に入って満足げなTabbyと、最後の寝ているTabbyがすんごくかわいいです♪

今回初めて気が付きましたが、Teaberryさんは携帯とパソコンを使ってますよ!!
さすが~。

そして、最後の数行がとてもいいです。くすくすっと笑えますし、ほんわか幸せな気分になれました。

★★★★★ Total:3,086,283

テーマ : 洋書の絵本
ジャンル : 本・雑誌

tag : CynthiaRylant.YL1_MrPutter&Tabby

Blackboard Bear
Blackboard BearBlackboard Bear
(1995/10/23)
Martha Alexander

商品詳細を見る

私的YL:2.5 語数:126

黒板に描いた大きなクマと男の子のお話。
不思議なことに、そのクマは黒板から出てきて、男の子の友達になります。

ほのぼのというよりはシュールなお話ですね。テディベアがかわいそうな扱いを受けてますし。男の子は、センダックさんの本にでてくるようなきかん坊な感じです。
途中、かなりええーっという絵が(笑)

これ、どなたかが紹介されてて、ずっと読みたい本リストに入っていたのですが、やっと読めました。

★★★ Total:3,085,583

テーマ : 洋書の絵本
ジャンル : 本・雑誌

Charlie and the Chocolate Factory 読了
Charlie and the Chocolate FactoryCharlie and the Chocolate Factory
(1998/06/01)
Roald Dahl

商品詳細を見る

YL:4.5 WD:29,743

読み終わりました!前回よりも面白く読めました。
Charlieくん、何もしていないように見えて、工場の中の全てをすごく楽しんでいたんですね。
ウンパルンパも少し克服できたし、再読してよかったです。
この勢いに乗って、ガラスのエレベーターを少し読み始めましたが。。。うーん?だいぶ違う感じ。。

では続きで。

★★★★ Total:3,085,457

続きを読む

テーマ : 洋書の児童書
ジャンル : 本・雑誌

tag : RoaldDahl.YL4

Charlie and the Chocolate Factory 進捗報告(25/30)
Charlie and the Chocolate FactoryCharlie and the Chocolate Factory
(1998/06/01)
Roald Dahl

商品詳細を見る

YL:4.5 WD:29,743

途中報告が遅くなりました。25章まで読みました。
半分くらいの時に書こうと思いながらずるずると。。(笑)

今回は、ウンパルンパの歌の意味がなんとなくわかります!初読みの時は、丸ごと飛ばしてました(笑)

そして、前回読んだ時に思った疑問が、やはり今回も残ります。読了報告の時に書きますね。どなたかわかる方がいらっしゃるといいなぁ。
Lisa in New York
Lisa in New York (The Misadventures of Gaspard and Lisa)Lisa in New York (The Misadventures of Gaspard and Lisa)
(2002/04/09)
Anne Gutman Georg Hallensleben

商品詳細を見る

YL:1.5 語数:474

リサはニューヨークのおじさんから、お誕生日プレゼントにとニューヨークへ招待されました。リサとおじさんは、毎日、ニューヨークを観光しにでかけました。

りとるさんがリサとガスパールシリーズをたくさん読まれてるのを見て、私も読みたい!と図書館で検索したのですが、これ1冊しかありませんでした。ううむ。

で、りとるさんもおっしゃってましたが、人間社会にふつーになじんでるリサとおじさん。。。。なんかおかしい(笑)
表紙からして、リサの表情がCoolですよね。
ただのかわいらしい本ではないところがいいです。
他のも読んでみたいなぁ。。。

★★★★ Total:3,055,714

テーマ : 洋書の絵本
ジャンル : 本・雑誌

ヒツジ読み募集中!
ヒツジ(並走)読みはみんなで同じ本を同時期に読み進めていく読み方です。詳細はヒツジ読みブログにて。
Profile

しろぱん

Author:しろぱん
2003年5月に多読開始。
今はのんびり洋書を楽しんでいます。

児童書中心ですが、すこしずつ大人向けPBにも手を出そうと思ってます。といいながら手をつけられていませんが。。
本を読むのは好きなので、マイペースで続けていきまーす。

猫飼い(4歳♂1歳♀)です。

ヒツジ読みブログ参加してます。

普段はアロマのお店をほそぼそとやってます。→blanc

しゃしん日記再開しました。→*しゃしん日和*

※記事中の★は、SSS書評の星の付け方を参考にしてます
 ★★★★★: 自信をもってお薦め
  ★★★★: かなりのお薦め
   ★★★: まあまあ
    ★★: 語学教材と思えばまあまあ
     ★: お薦めでない


*リンクフリーです。ご自由にどうぞ。
*記事と関係のないコメントおよびトラックバックは削除させていただく場合があります。

多読王国
Calender
01 | 2010/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -
手持ちの本
Search
Feeds
タドクのリンク
Twitter!

Twitter Updates

    follow me on Twitter
    QRコード
    QRコード
    Categories & Monthly Archives
     
    作者orシリーズ別リスト
    Recent Entries
    Recent Comments
    Recent Trackbacks
    タドクの友
    CaramelBox情報
    キャラメルボックス公演情報
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。