2010/04
≪03  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   05≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Harry Potter and the Prisoner of Azkaban 始めました
Harry Potter and the Prisoner of Azkaban (US) (Paper) (3)Harry Potter and the Prisoner of Azkaban (US) (Paper) (3)
(2001/09/11)
J. K. Rowling

商品詳細を見る

YL:9.5 語数:107,235

ハリポタ3巻、始めました。2巻まではUK版でしたが、ここから先はブックオフで手に入れたUS版(200円也)です。
US版とUK版でYLが違うんだけど。。。なぜ?
これも主観的なものだし、あまり気にせず行きましょう。

ただいま2章まで読了。
ダズリー家を飛び出したところです。おばさんの言葉の意味がよくわからなかったけど、まあいいか。

7月にイギリスへ行くことにしました。できればその前までに400万語を超えたいのですが。。あと70万語もあるもんね。行けるとこまで頑張ります。
スポンサーサイト

テーマ : 洋書の児童書
ジャンル : 本・雑誌

tag : JKRowling. JKRowling.HarryPotter

A Bear Called Paddington 読了
A Bear Called PaddingtonA Bear Called Paddington
(2003/11/03)
Michael Bond

商品詳細を見る
YL:5.5 語数:23,122


や、やっと読み終わりましたよっっ
結局2ヶ月かかったのかな~。
2章までは絵本で読んだお話だったので、かるーく読めたのですが、それ以降が難しかったです。
なんども同じところで寝そうになって進まなかったり(爆)
なかなか進まないので、他の本ばかり読んでしまいました。

Paddingtonは立派な英国紳士ですね(笑)
そこがまた可笑しさを生んでるんでしょう。

でも、もうひとつ内容を読み取れなかったので、またいつか再読してみたいと思います。

★★★

テーマ : 洋書の児童書
ジャンル : 本・雑誌

Andy and the Lion
Andy and the Lion (Picture Puffins)Andy and the Lion (Picture Puffins)
(1989/03/01)
James Daugherty

商品詳細を見る

YL:1.5 語数:570


アンディは図書館でライオンの本を借りてきて、夢中で読んだ。晩御飯の時も・・。夢に出てきたのはもちろんライオン。次の日の朝、学校へ行く途中に岩の陰から何かが見えた!(SSS書評より)

この本、図書館から借りてきたものの、つい最近読んだような気がして多読リストを確認してみたのですが、初読みのようでした。
ということは、お正月に実家で日本語版を読んだのかな~?

イラストは黒と黄土色の2色刷りなんですが、表紙にある通り、アンディもライオンも生き生きとした動きと表情で、見ていてとても楽しいです。
文章もおもしろい!次のページに文が続いてたりして、それもわくわくさせる要因ですね。

ストーリー自体は目立ってよいというわけではないのですが(失礼やなー)、文の流れとイラストで十分に楽しめる1冊でした。

★★★★
Pierr: A Cautionary Tale in Five Chapters and a Prologue
Pierre: A Cautionary Tale in Five Chapters and a Prologue (The Nutshell Library)Pierre: A Cautionary Tale in Five Chapters and a Prologue (The Nutshell Library)
(1999/10)
Maurice Sendak

商品詳細を見る

YL:2.0 語数:490

Pierrは何を聞かれても"I don't care!"としか言わない男の子。お父さんもお母さんも手を焼いています。

ああ、こんなめんどくさい(笑)子、いそうだなぁ。はたから見てると面白いけど(笑)

Alligators All Aroundなどと同シリーズのちっちゃい本です。私が読んだのとは表紙がちょっと違います。
4冊セットらしいんですが、最後の1冊は図書館に置いてありませんでした。。残念。

★★★★

tag : MauriceSendak.YL2

Angus and the Cat
Angus and the Cat (Sunburst Book)Angus and the Cat (Sunburst Book)
(1997/09)
Marjorie Flack

商品詳細を見る

YL:1.5 語数:430


Angusはたくさんのことを学んで成長しました。ソファには乗らない、他の人のものは食べない。
でもある日、猫がやってきた!ソファに寝てるし、Angusのご飯は食べるし、自由気まま。

にゃんこに振り回されてるAngusがかわいいです~♪
これもシリーズ物らしいので、他のも読んでみたいです。

★★★★★

テーマ : 洋書の絵本
ジャンル : 本・雑誌

On Market Street
On Market StreetOn Market Street
(1981/04/01)
Arnold Lobel

商品詳細を見る

YL:1.4 語数:79

商店街で買い物したものは。。とAからZまで1ページに1個、いろんな買ったものが登場します。
Lobel夫妻の絵本ですが、Anita Lobelさんが子供読書週間に書いたポスターをもとに、絵本を作られたそうです。

しかし、このA~Zの品物の絵が圧巻です。1ページずつじーっと見ちゃいます。
あるページにはよく知ったキャラクターが登場して、思わずにやり。

そして最後の数ページにもにやにや(笑)

★★★★

テーマ : 洋書の絵本
ジャンル : 本・雑誌

tag : ArnoldLobel.YL1_Other

Lost and Found
Lost and FoundLost and Found
(2006/05/02)
Oliver Jeffers

商品詳細を見る

YL:0.8 語数:440

あるところに男の子がいました。ある日、ドアを開けるとペンギンがいました。

って、けっこうシュールだなぁと思ったんですが(笑)
この後、ペンギンがどこからやってきたのか探し始めます。

すごくかわいいです。イラストもお話も。
けっこうお気に入りになりました。いつか買おう。

シリーズみたいなので、他の本も探してみます。

★★★★★

テーマ : 洋書の絵本
ジャンル : 本・雑誌

Dustbin Baby 読了
Dustbin BabyDustbin Baby
(2007/03/27)
Jacqueline Wilson

商品詳細を見る

YL:5.5 語数:38,000


読みました。途中報告してなくてごめんなさい。
最初の方がなかなか進まなくて。。。難しいと思いました。英語自体も内容も。

それでも、半分過ぎたあたりから乗ってきて、時には涙しながら読み終えました。
"Bad Girls"ともがっつり関係ありましたね。

では続きで。

★★★★

続きを読む

テーマ : 洋書の児童書
ジャンル : 本・雑誌

tag : JacquelineWilson.YL5

My Cat Likes to Hide in Boxes
My Cat Likes to Hide in Boxes (Picture Puffin)My Cat Likes to Hide in Boxes (Picture Puffin)
(2010/02/23)
Eve Sutton

商品詳細を見る

YL:0.3 語数:318


タイトル通り、うちの猫は箱が好きってお話です。
世界中の(といってもヨーロッパに偏ってるけど)猫がでてきます。
なぜか日本の猫も(笑)

同じ文章の繰り返しなので、ちびっこと一緒に読むのも楽しそうです。
もちろん猫好きにも楽しい♪

いろんな箱に隠れてるイラストがかわいいです。
久しぶりにYL0の本を読みました。

★★★★
↑最近、星のつけ方が偏ってる感が。。。ありますね(^^;

テーマ : 洋書の絵本
ジャンル : 本・雑誌

プリンセス・トヨトミ
プリンセス・トヨトミプリンセス・トヨトミ
(2009/02/26)
万城目 学

商品詳細を見る


万城目 学さんの本って、ほんと、設定が突拍子も無いです。
『鴨川ホルモー』にしても、『鹿男あをによし』にしても。
これも、こんなことあるわけないやろって思いながら、でもどこかでそういうことがあるのかもしれないと思わせるような何かがあります。

でもね。。。途中まで、謎が多すぎてイライラするのね~(笑)
『鴨川ホルモー』を読んだ時もホルモーの正体がなかなか明らかにならなくて、途中で読むのをやめようかと思ったくらいで、この方の作風なんだろうね。

でも最後には納得するし面白かったって思うし。
あ、『鹿男あをによし』に登場した人物がちらっとでてきます。ほんとにちらですけど。

とか書いてたら、映画化されるというニュース。少しイメージが違うのはしょうがないのかな。
岡田将生くんはカッコよすぎでしょう。。表紙のイラストと比べても。堤さんはぴったり。
綾瀬はるかちゃんはかわいいけど、ハーフには見えないよね。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100409-00000010-flix-movi

テーマ : 読んだ本。
ジャンル : 本・雑誌

Dustbin Baby ヒツジ読み開始
Dustbin BabyDustbin Baby
(2007/03/27)
Jacqueline Wilson

商品詳細を見る

YL:5.5 語数:38,000


ちょっとフライング気味に、昨夜から読み始めました。
最初の作者からのメッセージで、4月1日ヒツジ読み開始の意味を知りました。。。って、手に入れてからちらりともしてなかったんです。あはは。

ちょうどキリよく、前の本も読み終わったしね(パディントンは残ってるけど)。

では、よろしくお願いしまーす。

テーマ : 洋書の児童書
ジャンル : 本・雑誌

A Ship to the Stars
星へ行く船 (講談社英語文庫 (6))星へ行く船 (講談社英語文庫 (6))
(1984/11)
新井 素子

商品詳細を見る

YL:6.5 語数:29,000

なぜか本棚においておいたこの本が目に入って、読み始めてしまいました。またパディントンは後回し(笑)
結構古い本です。昭和63年発行でした。。。って、え?
もういつ買ったのかすらわからないです。多読を始める前だったのかも。

中、高時代は、新井素子さんの本をよく読んでましたが、とんとご無沙汰だったので話の内容もうろ覚え。
でも読んでいるうちに少しずつ蘇ってきました。
独特の文体は、やはり英語では表現しにくいところはありますよね。
それに、やっぱり誰が話しているのかわかりにくい。。。

ストーリーそのものも、新井素子さんの文章だから楽しめるってところがあったんだなぁと思いました。
ああ、他の星へ行く船シリーズが読みたくなった!実家にまだ置いてあるかなぁ。

★★★
ヒツジ読み募集中!
ヒツジ(並走)読みはみんなで同じ本を同時期に読み進めていく読み方です。詳細はヒツジ読みブログにて。
Profile

しろぱん

Author:しろぱん
2003年5月に多読開始。
今はのんびり洋書を楽しんでいます。

児童書中心ですが、すこしずつ大人向けPBにも手を出そうと思ってます。といいながら手をつけられていませんが。。
本を読むのは好きなので、マイペースで続けていきまーす。

猫飼い(4歳♂1歳♀)です。

ヒツジ読みブログ参加してます。

普段はアロマのお店をほそぼそとやってます。→blanc

しゃしん日記再開しました。→*しゃしん日和*

※記事中の★は、SSS書評の星の付け方を参考にしてます
 ★★★★★: 自信をもってお薦め
  ★★★★: かなりのお薦め
   ★★★: まあまあ
    ★★: 語学教材と思えばまあまあ
     ★: お薦めでない


*リンクフリーです。ご自由にどうぞ。
*記事と関係のないコメントおよびトラックバックは削除させていただく場合があります。

多読王国
Calender
03 | 2010/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
手持ちの本
Search
Feeds
タドクのリンク
Twitter!

Twitter Updates

    follow me on Twitter
    QRコード
    QRコード
    Categories & Monthly Archives
     
    作者orシリーズ別リスト
    Recent Entries
    Recent Comments
    Recent Trackbacks
    タドクの友
    CaramelBox情報
    キャラメルボックス公演情報
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。