2011/03
≪02  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   04≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Carnival at Candlelight(MTH#33)

Magic Tree House #33: Carnival at Candlelight (A Stepping Stone Book(TM))Magic Tree House #33: Carnival at Candlelight (A Stepping Stone Book(TM))
(2006/06/27)
Mary Pope Osborne

商品詳細を見る

YL:3.0 語数:11,650


久しぶりのMagic Tree Houseシリーズです。

JackとAnnieはまた新しいミッションに入りました。
Merlinからの手紙とTeddyとKathleenの魔法の呪文集を持って、260年前のVeniceへ行くことに。

今回はTeddyとKathleenは同行してくれないので、二人で頑張ります。
呪文メモで魔法も使って。
ちょっと失敗もしてしまうんですが、見事にミッション完了!
やっぱり、JackもAnnieも成長してますね。

地震前に借りていたんですが、地震発生後はなかなか読む気にならず・・でも返さないといけないのでなんとか読みきりました。

HP5やDeweyも止まったままです。

そう、この本で、今年読了2冊目です・・・オイオイ。

★★★
スポンサーサイト

テーマ : 洋書の児童書
ジャンル : 本・雑誌

tag : MaryPopeOsborne.YL3_MagicTreeHouse

夕凪の街桜の国

夕凪の街桜の国夕凪の街桜の国
(2004/10/12)
こうの 史代

商品詳細を見る


2週間前、図書館でちょっと時間つぶししていてこの本(というか漫画)を見つけました。
前から読みたかったので、ちょうどいいやと読み始めて。

図書館で人もいっぱいいるのに、涙が止まりませんでした。

広島原爆投下から10年後のお話と、そこからまたもっともっとあとのお話の3話が収録されています。
ストーリー自体は淡々としています。必要以上に怖いことも、オドロオドロシイ話もありません。
終わり方も、読む人によっては物足りなさを感じるかもしれません。
でも、これが、原爆で被爆した人、その影響を受けているかもしれない人の日常なんだろうなと思いました。

補足として作者のこうの史代さんが、広島・長崎を出たとたん、原爆のことを知らない人がたくさんいることに驚いたと書かれてました。
私も長崎の実家を出たとき、同じことを思いました。

私は被爆2世、3世ではありません。
祖父母の家は、原爆投下場所から山を超えかなり離れたところにありましたから。
でも祖母は、空がぴかっと光るのを見たそうです。

長崎の小中学校では、原爆投下の日(8月9日)は登校日になっていて、必ず原爆や戦争の話を聞きます。
映画を観ることもありました。投下時刻には街中でサイレンがなって、みんなが黙祷します。

大人になってからは自ら戦争映画やそういう本を見ることはありませんでした。もうお腹いっぱいって思って。
久しぶりに自分ですすんで読んだ本になりました。

そして1週間前、大きな地震が発生し、福島原発の事故で放射能漏れによる被爆の話が取り沙汰されるようになりました。
この本のなかで、被爆者への差別のようなことも書かれています。
実際、福島の人への差別が起きているという話も聞きました。

同じことは繰り返してほしくありません。

原発のそばで、一番多く被爆する可能性がある中で頑張ってらっしゃる方々が、どうか無事で任務を終えることができますように。
HP5&Dewey
進捗状況はまた後ほど・・・と前回の記事で書いてから、はや数週間。
生きております。読んでおります。

Harry Potter and the Order of the Phoenix (US) (Paper) (5)Harry Potter and the Order of the Phoenix (US) (Paper) (5)
(2004/07/10)
J. K. Rowling

商品詳細を見る

こちらのHP5は17章の途中。「闇の魔法に対する防衛術」を自分たちでやろうという話が持ち上がって、その後ヘドウィグが怪我して戻ってきたところ。
翻訳版の上巻を読み終えたので、このあたりはするすると・・・たぶん、読んでます。

それにしても、前半ずっとHarryはピリピリしてますね。
ずっといろんなことを知らされずに過ごしてきて、やっと学校に戻ったと思ったら、Umbridgeに抑えつけられて。
知りたいのに「何もわからない」ことがいちばんイライラさせられますよね。



Dewey: The Small-town Library-cat Who Touched the WorldDewey: The Small-town Library-cat Who Touched the World
(2009/10/01)
Vicki Myron

商品詳細を見る

そして、ずっと6章の始めで止まっていたこちら。
なんとか進み始めました。
13章まで。
6章以降もしばらくは作者のVicki Myronさんの自伝的なお話が続きます。
そういうものだと思って読めば、読めるかな。
いろいろ苦労されてきたようです。

そのなかで、Deweyは大事な役割を果たしていたんですね。

でもそれわかるなぁ。うちもねこたちがいてくれるおかげで、助かっていることがたくさんあります。
ヒツジ読み募集中!
ヒツジ(並走)読みはみんなで同じ本を同時期に読み進めていく読み方です。詳細はヒツジ読みブログにて。
Profile

しろぱん

Author:しろぱん
2003年5月に多読開始。
今はのんびり洋書を楽しんでいます。

児童書中心ですが、すこしずつ大人向けPBにも手を出そうと思ってます。といいながら手をつけられていませんが。。
本を読むのは好きなので、マイペースで続けていきまーす。

猫飼い(4歳♂1歳♀)です。

ヒツジ読みブログ参加してます。

普段はアロマのお店をほそぼそとやってます。→blanc

しゃしん日記再開しました。→*しゃしん日和*

※記事中の★は、SSS書評の星の付け方を参考にしてます
 ★★★★★: 自信をもってお薦め
  ★★★★: かなりのお薦め
   ★★★: まあまあ
    ★★: 語学教材と思えばまあまあ
     ★: お薦めでない


*リンクフリーです。ご自由にどうぞ。
*記事と関係のないコメントおよびトラックバックは削除させていただく場合があります。

多読王国
Calender
02 | 2011/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
手持ちの本
Search
Feeds
タドクのリンク
Twitter!

Twitter Updates

    follow me on Twitter
    QRコード
    QRコード
    Categories & Monthly Archives
     
    作者orシリーズ別リスト
    Recent Entries
    Recent Comments
    Recent Trackbacks
    タドクの友
    CaramelBox情報
    キャラメルボックス公演情報
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。