2011/06
≪05  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   07≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
James and the Giant Peach

James and the Giant PeachJames and the Giant Peach
(2007/08/16)
Roald Dahl

商品詳細を見る

YL:5.5 語数:27,552

Dahlにしては毒は少なめです。でも奇想天外さはチョコレート工場と張るかもね。

HPの直後に読み始めたので、最初は読み易い~と思って進んでたんですが、Cloud Menが出てきたあたりでちょっと読むとすぐに眠くなるようになって進みませんでした。
最後のあたりでまた復活してどーっと読み終わりましたが。

これ、わりと評価がいいようで、最初の方は楽しく読んでたんですが、やっぱり展開についていけなかった…。
前からDahl苦手と言ってましたが、この奇想天外さが頭の硬い私には合わないのかもしれません。

だっておかしいじゃんかー!
これがMagicなのかもしれないけど、あれがああするとか、ここでこれがこうなるとかモゴモゴ。

子供と頭の柔らかい大人の人向けです。

★★★
スポンサーサイト

テーマ : 洋書の児童書
ジャンル : 本・雑誌

tag : RoaldDahl.YL5

塩の街 と 空の中

塩の街 (角川文庫)塩の街 (角川文庫)
(2010/01/23)
有川 浩

商品詳細を見る


自衛隊3部作にして、有川浩さんのデビュー作。

一見ハードな内容なのですが、大人のライトノベルというのにふさわしい(笑)、きゅんとする恋愛ものです。
いやいや、かわええねー。
自衛隊員の秋庭さんと高校生の真奈ちゃん。おばちゃんから見るとどっちもかわいいんだわー。あはは。


空の中 (角川文庫)空の中 (角川文庫)
(2008/06/25)
有川 浩

商品詳細を見る

そしてこれで、3部作すべて読了。

これもね。なかなかうまいなーと思いました。「光希」さん、最初フリガナ書いてないんだよね。
読者にも、なんて読むんだろ?って思わせといて、主人公といっしょにびっくりさせてくれました。

まだ初期の頃の作品だからか、どれもちょっとだけ、描写が弱いなぁと思うところはあるのですが、それでもそのストーリーの面白さにぐいぐい引きこまれます。

登場人物もみんなちょっと不器用だったり、頑張りすぎたり。
かわいいなぁ。

面白かったです。

テーマ : 読んだ本。
ジャンル : 本・雑誌

Free Fall

Free FallFree Fall
(1991/09/18)
David Wiesner

商品詳細を見る

YL:0 語数:0

これもイラストだけの本です。

本を抱えて眠ってしまった少年。夢のなかで不思議な世界を旅します。

不思議すぎて、ちょっとついていけなかったり(笑)
隅々までみてると、いろんなものが隠れてて楽しいです。
だまし絵っぽい。

Wiesnerさんは絶対ぶたさんが好きだね。4冊読んだうちの3冊に登場しました。
どれもいい表情してる(笑)

★★★

テーマ : 洋書の絵本
ジャンル : 本・雑誌

tag : DavidWiesner.YL0

Sector 7

Sector 7 (Caldecott Honor Book)Sector 7 (Caldecott Honor Book)
(1999/09/20)
David Wiesner

商品詳細を見る

YL:0 語数:0

学校の遠足でエンパイアステートビルに登った少年。
雲の子供(?)と出会い、雲の工場に遊びに行きます。

タイトルだけで中には文字はありません。イラストだけの絵本です。
洋書で読む必要もないくらいですねあはは。
でも表紙をめくったところに、ちょこっとだけ、内容の解説みたいなのがあるので、それをカウントしてもいいかも。

雲にのりたい~って一度は思ったことがあるなら、こんな楽しい本はありません。
ちびっことお話を作りながら読むのもいいかもしれませんね。

★★★★

テーマ : 洋書の絵本
ジャンル : 本・雑誌

tag : DavidWiesner.YL0

Tuesday
David Wiesner
Clarion Books
発売日:1991-04-22


これもコルデコット賞受賞作。

文…と言っていいのか、最初にちょこっとと、途中に時刻があるくらいで、ほぼイラストを楽しむ本です。
ある火曜日の夜8時ごろ、それは起こります。

カエルや他の動物の表情を見てるだけでも楽しいです。
が、本の隅々まで、じっくり眺めてしまいました。

ひょっとして、この近くでも火曜日の夜に何かが起こってるかも…(笑)

★★★★

テーマ : 洋書の絵本
ジャンル : 本・雑誌

tag : DavidWiesner.YL0

The Three Pigs

The Three Pigs (Caldecott Medal Book)The Three Pigs (Caldecott Medal Book)
(2001/04/23)
David Wiesner

商品詳細を見る

YL:1.5 語数:510

コルデコット賞受賞作。

3匹のこぶたの話が普通に始まった…と思ったらあれれ?なんか違う方向へ。
最初よくわからなくて、???がいっぱいでした。
簡単な単語なんだけど、読解力がないなーと思いつつ。

途中で仕組みに気づいて、一度最後まで読んでから、また頭から読み直しました。
そしたら、なるほどーと納得&面白くなりました。

ふわふわ毛のぶたさんとねこさんがかわいいなぁ。
元に戻るとふわふわじゃなくなるのね。

他の本で正統な3匹のこぶたの話を読みましたが、物語の文は同じというか浸透しているのですね。
狼が中に入れてよっていうのに、ぶたさんが返事するところのセリフ"Not by the hair of my chinny-chin-chin."がリズムが良くてつい耳についちゃいます。

★★★★

テーマ : 洋書の絵本
ジャンル : 本・雑誌

tag : DavidWiesner.YL1

400万語
HP5にて400万語通過しました。
はー、300万超えてからの100万語は長かったねぇ…

この100万語で読んだ本は54冊、1冊は中断中(Deweyです)。このうち、3冊はHP。
かかった日数は511日。

恒例の400万語通過記念のまとめ。

これまで読んだ本の冊数:554冊
 GR、LR:259冊
 その他絵本や児童書:295冊

レベル別
 0 :63
 1 :150
 2 :160
 3 :138
 4 :20
 5 :11
 6 :5
 7 :1
 8 :2
 9 :4 



リストを見直してたら、レビューも書いてないし、語数計算もしていない本がありました。
多読リストにタイトルと読んだ日にちだけ書いてて。

”The Owl & the Pussy-Cat & Other Nonsense"

という本。ググって表紙や内容をちょびっとみてもまったく記憶がないし、面白くなくて投げた本なのかなぁ。
1年以上前の話なので、なんとも…。ちゃんとメモっとかないとな。

とにかくこの100万語は長かったです。
HPシリーズ3冊トータルで55万語ちょい。
100万語の半分はHPでできてます。あれれ。

難しい本だと一日に読める量が限られてくるので、なかなか進まないですね。

というわけで、500万語までの100万語は、やさしい本中心で楽しく行こうと思ってます。
図書館の絵本を読みつくす勢いで。
さっそく3冊借りてきました。
MTHシリーズも再開したいです。

もはや、英語力に関してはコメントしようがない状態でありました…。いいんだ、多読は趣味だから。
Harry Potter and the Order of the Phoenix 読了
Harry Potter and the Order of the Phoenix (US) (Paper) (5)Harry Potter and the Order of the Phoenix (US) (Paper) (5)
(2004/07/10)
J. K. Rowling

商品詳細を見る

YL:8.5 語数:257,045


約5ヶ月かけて、やっと読み終わりました…
いやー長かったです。
そして、この本で今年読了3冊目(苦笑)

戦ってるところとか、殆どわからず。翻訳本で読んでてもよくわからなかったものが、英語でわかるわけがないですね。

今回のHarryはイライラしっぱなし。結局その流れで後悔してしまう結果になるのですが、改めて思いました。
Harryはかっこいい出来過ぎたヒーローではないんですよね。
どこにでもいる男の子代表。だから、自分勝手なこともするし、被害者意識から八つ当たりもする。
でも、そうやってぶつかりながら成長していくんだなー。たぶん。

映画でみてよくわからなかったところの話の流れがつかめました。
マルフォイパパのこととか。
もう一回、映画見なおそうかな。

★★★

テーマ : 洋書の児童書
ジャンル : 本・雑誌

tag : JKRowling. JKRowling.HarryPotter

Pirates of the Caribbean: On Stranger Tides
パイレーツ・オブ・カリビアン ー生命の泉ー を見てきました。


悪評も多かったんですが、面白かったですよ。

映画のタダ券があったので、+αして3Dで見ました。
が、やっぱり3Dいらないや。疲れる…。
3Dにもいくつか種類があって、高い方は時間的に見られなかったので安い方で。
眼鏡なくてもそこそこ見えたので、時々外してみてました。
3Dってずっと見てると慣れてきてあんまり感じなくなりますが、かけ直すと3D復活しました(笑)
たまには外すのもいいです。

ストーリーは、ちょっと納得いかないところもあったんですが、全体的には楽しめました。
人魚怖いし~。ひー。

バルボッサ&ジャックのおじさんコンビがいいっすなぁ。

聞き取りは…ま、いつもどおり、短いフレーズだとわかるけど、というレベル。
特にジャックの喋り方は酔っ払いみたいで聞き取りにくいですね。
ま、それがいいんですけど。

テーマ : 映画館で観た映画
ジャンル : 映画

ヒツジ読み募集中!
ヒツジ(並走)読みはみんなで同じ本を同時期に読み進めていく読み方です。詳細はヒツジ読みブログにて。
Profile

しろぱん

Author:しろぱん
2003年5月に多読開始。
今はのんびり洋書を楽しんでいます。

児童書中心ですが、すこしずつ大人向けPBにも手を出そうと思ってます。といいながら手をつけられていませんが。。
本を読むのは好きなので、マイペースで続けていきまーす。

猫飼い(4歳♂1歳♀)です。

ヒツジ読みブログ参加してます。

普段はアロマのお店をほそぼそとやってます。→blanc

しゃしん日記再開しました。→*しゃしん日和*

※記事中の★は、SSS書評の星の付け方を参考にしてます
 ★★★★★: 自信をもってお薦め
  ★★★★: かなりのお薦め
   ★★★: まあまあ
    ★★: 語学教材と思えばまあまあ
     ★: お薦めでない


*リンクフリーです。ご自由にどうぞ。
*記事と関係のないコメントおよびトラックバックは削除させていただく場合があります。

多読王国
Calender
05 | 2011/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
手持ちの本
Search
Feeds
タドクのリンク
Twitter!

Twitter Updates

    follow me on Twitter
    QRコード
    QRコード
    Categories & Monthly Archives
     
    作者orシリーズ別リスト
    Recent Entries
    Recent Comments
    Recent Trackbacks
    タドクの友
    CaramelBox情報
    キャラメルボックス公演情報
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。