2011/08
≪07  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   09≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
図書館戦争シリーズ

図書館戦争  図書館戦争シリーズ(1) (角川文庫)図書館戦争 図書館戦争シリーズ(1) (角川文庫)
(2011/04/23)
有川 浩

商品詳細を見る

図書館内乱 図書館戦争シリーズ(2) (角川文庫)
図書館危機 図書館戦争シリーズ(3) (角川文庫)
図書館革命 図書館戦争シリーズ(4) (角川文庫)

2019年(正化31年)。公序良俗を乱す表現を取り締まる『メディア良化法』が成立して30年。高校時代に出会った、図書隊員を名乗る“王子様”の姿を追い求め、行き過ぎた検閲から本を守るための組織・図書隊に入隊した、一人の女の子がいた。名は笠原郁。不器用ながらも、愚直に頑張るその情熱が認められ、エリート部隊・図書特殊部隊に配属されることになったが…!? ~Amazon内容紹介より~


角川文庫版図書館戦争シリーズ読み終えました!
別冊もあるんだけど、ひとまずここでレビューかいとこかと。

読み始めたらノンストップ!面白かった~。

この中に出てくるメディア良化法。
小説の中の話、と思いきや現実の世界でも似た様な、国民の関心が低いのをいいことに決まってしまった、不都合なことって多いですよね。それに、あとがきによると、いろんなところに言葉の規制というのも(ほとんどメディア側の自主規制らしいですが)あるらしいです。

そういう厳しい世界のお話ではあるのですが、郁ちゃんと図書隊の教官でもあり上司でもある堂上さんの、不器用なラブ(笑)の話でもあり。
登場人物たちもみんな魅力的です。
最後は、キュン死します。はい。もうどっちもかわいいもん。

いろいろ考えるところもありつつ、でもすごく楽しませてくれる本でした。

そうそう、この角川文庫版には、アニメ化DVDについてた番外編と、有川浩さんと児玉清さんの対談が掲載されてます。お得ですよ。
アニメ映画化の話もあるとか。ちょっと見たい…。
でも、文字だからこそいろいろ想像で楽しめる部分もあるし。微妙なとこです。

↓「図書館戦争」プロモーションビデオ from キャラメルボックスです。

読んでから見るとまたおもしろいな。
まやちゃん(図書隊員の女性)は柴崎さんのイメージだなー。
スポンサーサイト

テーマ : 読んだ本。
ジャンル : 本・雑誌

Magic Tree House アニメ映画化!
nappuさんのコメントで知りました。
なんと、Magic Tree Houseアニメ映画化とな!
来年1月に公開のようです。

しかも日本語版。というか日本で作られてます。→映画「マジック・ツリーハウス」公式サイト

作者のOsborneさんが日本語版マジック・ツリーハウスの本のイラストを気に入って、映画化の許可がでたとか。
予告編があったので見てみましたが、なんか違和感…。



それもそのはず、ずっと原作のイラストをみてきたんですもんね~。これはジャックとアニーじゃない!という気分に。
声は、ジャックが北川景子さん。アニーが芦田愛菜ちゃん。
悪くないんだけど、なぜ声優さんを使わないんだろうか。

予告編によると、たぶん最初の恐竜の話とお城に行く話の2話は確実に入りそうですね。あと街を歩いてる映像があったけど、あれはエジプトなのかしら~。そんな描写あったっけ。でも4話で一括りだから、あとの2つもはいるのよね。

ああ、でも、ツリーハウスがスピンしてるところを見ると、わくわくしますよー。
なんにしても映像化されるのはうれしいですね。
Dustbin Baby【DVD】
Dustbin Baby DVD

Jacqueline Wilsonさんの名作の映像版です。
いちごパンダさん経由りとるさんよりお借りしました。
手元にやってきたのは今年のはじめだったような…今頃見ました。ごめんなさーい。

原作はこちら。
Dustbin BabyDustbin Baby
(2007/03/27)
Jacqueline Wilson

商品詳細を見る


もう細かい内容を忘れてたのですが、Aprilの14歳の誕生日のお話でしたね。
14歳って、こんなに大人っぽいのー?とまず驚きました。
April役の彼女、すごく可愛い。でもかなり大人っぽいですよね。お友達も大人っぽかったので、やはり欧米人はオトナになるのが(見た目も中身も)早いんだなぁと。

原作と違うところも多々あったんでしょうが、上述のように細かいところを忘れてるので、そこらへんは気になりませんでした。

それよりも。やはりAprilのこの14年間がとても悲しくて辛くて。
でも、最後はちゃんとHappy Endで。ボロ泣きでした~。

映像で見ると本とはまた違う情報がいっぱい入ってきますね。
見終わってから本をぱらぱらとみてみたんですけど、セリフなどが原作のままで嬉しかったり。
また読み直したいな。

英語は…字幕見ながら6割ぐらい(汗
字幕がないと、たぶんほとんどわからなかったかもね。あはは。

次見たい方にお送りします!立候補おまちしてまーす。
締めきりました~
Goldilocks and the Three Bears

Goldilocks and the Three BearsGoldilocks and the Three Bears
(1988/09/30)
James Marshall

商品詳細を見る

YL:1.7 語数:750

コルデコットオナー賞。
「3匹のくま」のリトールドらしいです。

というか、その「3匹のくま」のお話を知らなかったので、元からこんなお話なのか、皮肉を聞かせてあるのかはよくわかりません。

Goldilocksという女の子がくまさんの家に無断で入り込み、ご飯を食べ、椅子を壊し、ベッドで寝てるところを帰ってきたくまさんに見つかって逃げるというお話なのですが。

何が面白いのかわからなかったです…。
あと、意外と単語が難しかったりして、わかりにくかったかな。

イラストは、最初のページにひっくり返って寝てるにゃんこがいたり、細かい所が面白いなぁと思ったんですけど。
そうそう、熊の父さんがオードリーの若林そっくりで笑えました(笑)

★★★←主にイラストの評価

テーマ : 洋書の絵本
ジャンル : 本・雑誌

Maisy Goes Swimming

Maisy Goes SwimmingMaisy Goes Swimming
(1990/07/26)
Lucy Cousins

商品詳細を見る

私的YL:0.5 語数:60

Maisyちゃん、プールへ行きます。
まずは、青い帽子とマフラーをとって。

これもしかけ絵本。
前述のgoes to bedよりはましですけど、やっぱりなくなってるところや破れてる所があります。

で、泳ぎに行くっていうからてっきり夏かと思ったら、冬の格好してますねー(笑)
ひとつずつ服を脱いで水着に着替えるんですが、冬の格好でないとこのページ数はもたないですね。

こわれてなかったらなぁ。惜しいです。

★★★

テーマ : 洋書の絵本
ジャンル : 本・雑誌

Maisy Goes to Bed

Maisy Goes to BedMaisy Goes to Bed
(1990/07/26)
Lucy Cousins

商品詳細を見る

私的YL:0.5 語数:62

ねずみのMaisyちゃん、寝る準備をしています。
まずは、おやすみ前の飲み物を一杯。

しかけ絵本です。
図書館で借りたんですが、かなりボロボロで仕掛け部分がなくなってる(汗)
想像で楽しみました。

きっと子供はこういうの楽しくて、何回もひっぱったりなんだりするよね~。
子供が読むんなら図書館で借りずに買って下さいお願い。

★★★

テーマ : 洋書の絵本
ジャンル : 本・雑誌

Hugo and the Man who Stole Colours

Hugo and the Man who Stole Colours
Hugo and the Man Who Stole Colours
(1977/05/02)
Tony Ross

商品詳細を見る

私的YL:1.5 語数:?

ねずみのHugoが釣りをしていると、がっくりとうなだれた魔女がいました。
でもその魔女は実は妖精で、パーティのために魔法で姿を変えたのに、魔法の本から呪文が消えてしまったので元に戻れなくなったのでした。

Hugoと妖精は、魔法の呪文を取り返しに向かいます。


うーむ…あらすじだけ書くと面白そうだし、イラストもなかなか可愛くていいんですが、
いかんせん、内容はいまいち。
ある男が色を盗んでいくんですが、その男をやっつけるくだりが、もう使い古された手で。
いまひとつ緊迫感もないし。

で、語数がわからなかったんですが、数える気力もなし。
すみません。

★★

テーマ : 洋書の絵本
ジャンル : 本・雑誌

May I Bring A Friend?

May I Bring A Friend? (May I Bring a Friend Nrf)May I Bring A Friend? (May I Bring a Friend Nrf)
(1971/02/01)
Beatrice de Regniers

商品詳細を見る

YL:0.5 語数:550

王様とお妃様にお城に招待された少年。
友達を連れてきていいですか?と尋ねると、もちろん歓迎するよとのお返事。
そして連れていった友達とは…

月曜日から金曜日まで、毎日違う友達を連れて王様とお妃様のところへ行きます。
この友達がびっくりなんだなぁ~。
お妃様も喜んでる時もあれば、すごく戸惑ってる時もあり(笑)

王様たち、優しいよね。でもきっと楽しんでたんだろうな。

コルデコットメダル受賞作です。

★★★★

テーマ : 洋書の絵本
ジャンル : 本・雑誌

A Little House of Your Own

A Little House of Youe Own

Little House of Your Own, A
(1957/12)
Beatrice Schenk De Regniers

商品詳細を見る

YL:1.5 語数:1,000


誰でも、ひとりになれる自分だけの場所が必要。
子供も、大人も。そして、他の人はそれを邪魔してはいけない。

でも、大事な誰かを招きたかったら、そうすればいい。
ただひとりでそっと、外にいる人を眺めたかったら、そうすればいい。

素敵です。
子供の頃、こんなこと言われたことあった?

お勤めされてたり家族と一緒に暮らしてたら、一人の時間ってなかなかとれないと思います。
でも、ふっと自分に帰る時間や場所って必要ですよね。

そして、それは子供にも必要なんだなぁ。

表紙の写真がなかったので、ボケボケですが差し替えました。

2週間も前に読んだんだけどアップしてなかった…。

★★★★

テーマ : 洋書の絵本
ジャンル : 本・雑誌

ヒツジ読み募集中!
ヒツジ(並走)読みはみんなで同じ本を同時期に読み進めていく読み方です。詳細はヒツジ読みブログにて。
Profile

しろぱん

Author:しろぱん
2003年5月に多読開始。
今はのんびり洋書を楽しんでいます。

児童書中心ですが、すこしずつ大人向けPBにも手を出そうと思ってます。といいながら手をつけられていませんが。。
本を読むのは好きなので、マイペースで続けていきまーす。

猫飼い(4歳♂1歳♀)です。

ヒツジ読みブログ参加してます。

普段はアロマのお店をほそぼそとやってます。→blanc

しゃしん日記再開しました。→*しゃしん日和*

※記事中の★は、SSS書評の星の付け方を参考にしてます
 ★★★★★: 自信をもってお薦め
  ★★★★: かなりのお薦め
   ★★★: まあまあ
    ★★: 語学教材と思えばまあまあ
     ★: お薦めでない


*リンクフリーです。ご自由にどうぞ。
*記事と関係のないコメントおよびトラックバックは削除させていただく場合があります。

多読王国
Calender
07 | 2011/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
手持ちの本
Search
Feeds
タドクのリンク
Twitter!

Twitter Updates

    follow me on Twitter
    QRコード
    QRコード
    Categories & Monthly Archives
     
    作者orシリーズ別リスト
    Recent Entries
    Recent Comments
    Recent Trackbacks
    タドクの友
    CaramelBox情報
    キャラメルボックス公演情報
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。