2011/11
≪10  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   12≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
有川浩さんまつり
気づいてらっしゃるかと思いますが、ここしばらく和書は有川浩さんばかり読んで祭り化してます。

ブログに書いてなくて読んだ本はこちら。

シアター! (メディアワークス文庫)シアター! (メディアワークス文庫)
(2009/12/16)
有川 浩

商品詳細を見る

有川浩脚本集 もう一つのシアター! (メディアワークス文庫)有川浩脚本集 もう一つのシアター! (メディアワークス文庫)
(2011/05/25)
有川 浩

商品詳細を見る

シアター!〈2〉 (メディアワークス文庫)シアター!〈2〉 (メディアワークス文庫)
(2011/01/25)
有川 浩

商品詳細を見る

三匹のおっさん三匹のおっさん
(2009/03/13)
有川 浩

商品詳細を見る

植物図鑑植物図鑑
(2009/07/01)
有川 浩

商品詳細を見る

ストーリー・セラーストーリー・セラー
(2010/08/20)
有川 浩

商品詳細を見る

「シアター!」シリーズは、借金抱えた弱小劇団の宰相が兄に泣きつき、お金を貸す代わりに2年で劇団の売上だけで借金返せなかったら解散、という取引をしてすったもんだある話。
「もう一つのシアター!」は、有川浩さん自身が脚本を書かれて舞台になってます。
DVDが出てるらしいので見たいんだけどなぁ。舞台うら話なんかもあります。

「三匹のおっさん」は3人のおっさんたちが街にはびこる悪をやっつける、という話。
これ、ドラマになったりしないかなー。面白そうだけど。

「植物図鑑」は読んだ後、そのへんの草を食べられないかなーなんてつい見てしまう。というお話(えっ)。ラブストーリーです。念のため。

「ストーリー・セラー」は、小説家の奥さんとその小説のもっのすごいファンの旦那さんのお話。
2話あって、どちらも同じ設定なんですが、Aは奥さんが亡くなり、Bは旦那さんが亡くなる…かもしれない話。

それぞれ面白かったしちゃんと感想も書きたいんですが、なんか書く気力がないまま埋没しそうなので、自分のための記録としてアップしました。

手元に「キケン」が控えてます。後読んでないのは、「県庁おもてなし課」と「阪急電車」と「フリーター、家を買う」くらいですかね。
どれも図書館で予約待ちがかなり入ってるので、躊躇してます。

あ、最新刊の「ヒア・カムズ・ザ・サン」もあった。ってこれ、実は本屋さんでちょっと立ち読みしました(汗
スポンサーサイト

テーマ : 読んだ本。
ジャンル : 本・雑誌

Harry Potter and the Half-Blood Prince 8章まで

Harry Potter and the Half-Blood Prince (Harry Potter 6) (US)Harry Potter and the Half-Blood Prince (Harry Potter 6) (US)
(2006/06/23)
J. K. Rowling

商品詳細を見る


ほぼ毎日、お風呂で4,5ページずつ読んでます。
いつから始めたんだっけ…?なかなか進みませんけど、他の時間には他の本も読んでるので、ゆるゆるペースで。
という割に、読了本が殆ど無いのはなんででしょうね…。

さて、ダンブルドア校長に迎えに来てもらって、ハリーがいっしょに出かけていった先はスラグホーンのところでした。
何か必要なことがあってスラグホーンをホグワーツに迎えたいようですが、権威好きなスラグホーンはまんまと誘いに乗りました(笑)

で、ホグワーツ特急の中でもすったもんだありつつ、ホグワーツについたハリーたち。
新学年が始まります。

映画のはじめで、いきなりダンブルドア校長とハリーが一緒に出かけることになってて、???がいっぱいだったのですが、この辺も解決。
時間に限りがあるとはいえ、読んだ人前提になっているのですね。
でもまあ、この事情がわからなくても、本筋にはあまり関係ないのか。

tag : JKRowling.HarryPotter

Dragon of the Red Dawn(MTH#37)

Magic Tree House #37: Dragon of the Red Dawn (A Stepping Stone Book(TM))Magic Tree House #37: Dragon of the Red Dawn (A Stepping Stone Book(TM))
(2008/08/12)
Mary Pope Osborne

商品詳細を見る

YL:3.5 語数:11,273


新しいミッションの始まり。調子が良くないというMarlinのために、JackとAnnieは幸せの秘密を探す旅に出かけます。
最初は、江戸時代の日本へ。そこでBashoに出会います。

えとねー、ツッコミどころ満載。
表紙からして…中国に行くのかと思ったよ。JackとAnnieが着てるのは、どうみても着物じゃないよね?
作者のOsborneさんも結構頑張って調べられてるとは思うんですが、どうしても自分の国のこととなるとチェックの目が厳しくなるよね。

ずっこけたのが、Mosquito Net。蚊帳だよね…でも説明もイラストも、どうみても蚊帳じゃないんだよねぇ。
どこかの地方では、こういう蚊帳があるのかな。
というか、すでに現代で実物の蚊帳をみたことある人のほうが少ないかな。
私の子供の頃はまだありました。懐かしい~。

最後のほうで気づいたけど、桜が咲いてるからまだ蚊が出てくる季節でもないんだよなあ。

言い出したらきりがないので、このへんで終わっときます。

Bashoさんはもちろん松尾芭蕉ですが、思わずWikipediaで調べてしまいました。
知らないこともいっぱいありました。ふむふむ。

まだ36巻を読んでないので、例のものを手に入れた件をしらないのですが、ストーリー的にはOKでした。

★★★

テーマ : 洋書の児童書
ジャンル : 本・雑誌

tag : MaryPopeOsborne.YL3_MagicTreeHouse

飛ぶ教室【舞台】
この記事で、 11月にある舞台の原作の本"The Flying Classroom"を読んでますと書いてましたが、結局読み終わることが出来ず(汗
先に舞台を見てからにすることにしました。

観たのはこれです→
演劇集団キャラメルボックス 成井豊の世界名作劇場Vol.3 飛ぶ教室

舞台はドイツの寄宿学校。そこで暮らす5人の生徒たちは、クリスマスにお芝居を上演することを計画する。
タイトルは「飛ぶ教室」。
地理の先生が生徒たちを飛行機に乗せ、世界各地を巡りながら授業をするという物語。体育館で練習していると、ある生徒が飛び込んできた。

で、実はそのお芝居の内容自体は、それほどメインのストーリーと関係無かった(笑)
でも寄宿学校の仲間や看守の先生とのやりとりで、友情だったり厳しい世の中だったり、子供同士の争いだったり、大人との関係だったり、いろんなことが描かれています。

古い訳本を元に脚本が作られているので、時折、古い言い回しがあったりするんだけど、それも味になってました。
キャラメルらしく笑いも散りばめられてて、でも涙するところもあって。
ストーリー自体は、ん~?って思うところもあったんだけど、まんまと最後は泣かされました。

若手メインの公演ですごく勢いもあって、将来が楽しみな役者さんがたくさんでした。
美少年テオドール役の人が、ちょっとだけ嵐の櫻井くんに似てたりして。ちょっとだけね。

そうそう、読んでたところまでは、ちゃんと内容も把握できてたっぽいです。
で、人の名前の読み方がわかったので、続きも読めるかな。
実は、巻末についてる注釈にドイツ語の人の名前の読み方が書いてありました…。

年内読了を目標にします。
とか言いながら、HP6にも手をつけてて、のんびり読んでるんでどうなることやら、ですが。

Night of the New Magicians(MTH#35)

Magic Tree House #35: Night of the New Magicians (A Stepping Stone Book(TM))Magic Tree House #35: Night of the New Magicians (A Stepping Stone Book(TM))
(2007/08/14)
Mary Pope Osborne

商品詳細を見る

YL:3.0 語数:11,300


もうだいぶ前に読み終わったんですけど、レビュー書いてませんでした。
JackとAnnieは昔のパリへ行きます。

パリのお祭りがちょっと楽しそうでした。
歴史的に有名な人達が集まるのと、パリの街を駆け回るJackとAnnieがおもしろかったです。

表紙のイラスト、ちょっとETちっくですよね。

★★★★

以下、ちょっと愚痴。

続きを読む

tag : MaryPopeOsborne.YL3_MagicTreeHouse

ヒツジ読み募集中!
ヒツジ(並走)読みはみんなで同じ本を同時期に読み進めていく読み方です。詳細はヒツジ読みブログにて。
Profile

しろぱん

Author:しろぱん
2003年5月に多読開始。
今はのんびり洋書を楽しんでいます。

児童書中心ですが、すこしずつ大人向けPBにも手を出そうと思ってます。といいながら手をつけられていませんが。。
本を読むのは好きなので、マイペースで続けていきまーす。

猫飼い(4歳♂1歳♀)です。

ヒツジ読みブログ参加してます。

普段はアロマのお店をほそぼそとやってます。→blanc

しゃしん日記再開しました。→*しゃしん日和*

※記事中の★は、SSS書評の星の付け方を参考にしてます
 ★★★★★: 自信をもってお薦め
  ★★★★: かなりのお薦め
   ★★★: まあまあ
    ★★: 語学教材と思えばまあまあ
     ★: お薦めでない


*リンクフリーです。ご自由にどうぞ。
*記事と関係のないコメントおよびトラックバックは削除させていただく場合があります。

多読王国
Calender
10 | 2011/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
手持ちの本
Search
Feeds
タドクのリンク
Twitter!

Twitter Updates

    follow me on Twitter
    QRコード
    QRコード
    Categories & Monthly Archives
     
    作者orシリーズ別リスト
    Recent Entries
    Recent Comments
    Recent Trackbacks
    タドクの友
    CaramelBox情報
    キャラメルボックス公演情報
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。