2017/08
≪07  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   09≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
The Death of Karen Silkwood (OBW2)
The Death of Karen Silkwood (Oxford Bookworms Library)The Death of Karen Silkwood (Oxford Bookworms Library)
(2000/10/18)
Joyce Hannam

商品詳細を見る

YL:2.6 WD:5,597

1974年11月13日の夜、一台の小さい白い車が橋のそばに落ちているのが発見された。中には一人の女性が亡くなっていた。彼女の名はKaren Silkwood。
事故現場の目撃者はおらず、警察は事故と考えた。
しかし、その夜彼女と会うことになっていた彼女の恋人と新聞記者、そして労働組合の幹部は、彼女が持ってくる筈だった茶色い大きな封筒を探したが、どこにも見つからない。


実話です。
イントロダクションに、フィクションとノンフィクションの違いは、フィクションは終わりがあるが、ノンフィクションには終わりが無い、とありました。確かにその通り。
結局、Karenの死の謎は解かれぬまま。
Karenが置かれていた状況から何があったのかを想像することは出来るけど、本当のところはわからない。

そういう意味で、ちょっともやもやが残るお話です。でも、どんどんお話に引き込まれて、あっという間に読み終わりました。

★★★★ Total: 576,219
関連記事

テーマ : やさしい洋書
ジャンル : 本・雑誌

Secret
(非公開コメント受付中)

ヒツジ読み募集中!
ヒツジ(並走)読みはみんなで同じ本を同時期に読み進めていく読み方です。詳細はヒツジ読みブログにて。
Profile

しろぱん

Author:しろぱん
2003年5月に多読開始。
今はのんびり洋書を楽しんでいます。

児童書中心ですが、すこしずつ大人向けPBにも手を出そうと思ってます。といいながら手をつけられていませんが。。
本を読むのは好きなので、マイペースで続けていきまーす。

猫飼い(4歳♂1歳♀)です。

ヒツジ読みブログ参加してます。

普段はアロマのお店をほそぼそとやってます。→blanc

しゃしん日記再開しました。→*しゃしん日和*

※記事中の★は、SSS書評の星の付け方を参考にしてます
 ★★★★★: 自信をもってお薦め
  ★★★★: かなりのお薦め
   ★★★: まあまあ
    ★★: 語学教材と思えばまあまあ
     ★: お薦めでない


*リンクフリーです。ご自由にどうぞ。
*記事と関係のないコメントおよびトラックバックは削除させていただく場合があります。

多読王国
Calender
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
手持ちの本
Search
Feeds
タドクのリンク
Twitter!

Twitter Updates

    follow me on Twitter
    QRコード
    QRコード
    Categories & Monthly Archives
     
    作者orシリーズ別リスト
    Recent Entries
    Recent Comments
    Recent Trackbacks
    タドクの友
    CaramelBox情報
    キャラメルボックス公演情報
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。