2017/08
≪07  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   09≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
The Biggest House in the World
The Biggest House in the World (Knopf Children's Paperbacks)The Biggest House in the World (Knopf Children's Paperbacks)
(1973/08/12)
Leo Lionni

商品詳細を見る

YL:2.2 WD:579

子かたつむりがお父さんかたつむりに、大きな家が欲しいといいます。
お父さんかたつむりは、そんな息子に、世界一大きな家を持った小さなかたつむりの話を始めました。

これも、"Fish is Fish"と同じく、切り絵ではなくパステル画っぽい感じで、また、相応の場所(物)があるんだよってことを教えてくれてるようなお話です。
大きな家を持ったかたつむりの殻がすごくカラフルできれーい!
でも最後は。。。

"Fredrick's Fable"収容。
ああ、全部のイラストが見たい~。

★★★★ Total:2,464,401
関連記事

テーマ : 洋書の絵本
ジャンル : 本・雑誌

tag : LeoLionni.YL2

Secret
(非公開コメント受付中)

これまたシンクロ~♪
このお話もキレイで楽しくて優しい教訓ですよねー。
子カタツムリくんがホロホロと泣いているところを想像してかわいいなと思いましたよ。
私も大きすぎる殻を必要としていないか見直さなくちゃ。。。(^^ゞ
なぎさん♪
子かたつむりくん、かわいかったですね。
そうそう、大きな夢を持つのはいいけど、それは本当に必要なことか?って問われているようでしたね。
どれもこれも、考えさせられる内容だなぁ。
ヒツジ読み募集中!
ヒツジ(並走)読みはみんなで同じ本を同時期に読み進めていく読み方です。詳細はヒツジ読みブログにて。
Profile

しろぱん

Author:しろぱん
2003年5月に多読開始。
今はのんびり洋書を楽しんでいます。

児童書中心ですが、すこしずつ大人向けPBにも手を出そうと思ってます。といいながら手をつけられていませんが。。
本を読むのは好きなので、マイペースで続けていきまーす。

猫飼い(4歳♂1歳♀)です。

ヒツジ読みブログ参加してます。

普段はアロマのお店をほそぼそとやってます。→blanc

しゃしん日記再開しました。→*しゃしん日和*

※記事中の★は、SSS書評の星の付け方を参考にしてます
 ★★★★★: 自信をもってお薦め
  ★★★★: かなりのお薦め
   ★★★: まあまあ
    ★★: 語学教材と思えばまあまあ
     ★: お薦めでない


*リンクフリーです。ご自由にどうぞ。
*記事と関係のないコメントおよびトラックバックは削除させていただく場合があります。

多読王国
Calender
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
手持ちの本
Search
Feeds
タドクのリンク
Twitter!

Twitter Updates

    follow me on Twitter
    QRコード
    QRコード
    Categories & Monthly Archives
     
    作者orシリーズ別リスト
    Recent Entries
    Recent Comments
    Recent Trackbacks
    タドクの友
    CaramelBox情報
    キャラメルボックス公演情報
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。