2017/09
≪08  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   10≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Charlotte's Web 読了
Charlotte's Web (Trophy Newbery)Charlotte's Web (Trophy Newbery)
(1974/05/15)
E. B. White

商品詳細を見る

YL:6.5 WD:31,455


読み終わりました。
たぶん、この表紙を見た人のほとんどが、Charlotteってこの女の子のことだと思うんじゃないのかなぁ~。私もてっきりそうだと思ってました。

命がつながっていく。ずっと受け継がれていくものがあるんだよね。
ラストはけっこう好きでしたよ。
でも前半と後半で(私の気分が)こんなに違うとは。。。

読み終わったら、なぜ前半が苦手だったのか分析してみようと言ってましたが、結局のところよくわかりません。
文体に慣れていなかったということ、前半、物語の方向がよくみえなかったこと、説明文が多いように思えたこと(これは感覚的な物なので、実際には違うのかも)、とかかなぁ。
文体がどうのこうのと言える程、細かく読めている訳ではないんですけどね。

ネタバレ感想は続きで。

★★★ Total:2,868,822
後半はすごく引き込まれて読んでいました。
他の方も書いていらっしゃいましたが、WilburがFairで賞をもらったら、逆にハムにされちゃうんじゃないの?と思ってましたが、ちゃんと思惑通りに命をつなぐことができましたね。

Charlotteが最後の力を振り絞って、まゆを作っていたり、春になってその子供達が生まれたりという箇所は、すごく好きでした。そのまゆをWilburが大事にしているところも。

で、人間はなんだったんでしょう?
Fernは動物達の言葉がわかっていたのに、それについては物語上、あまり重要ではなかったような。。。?最後は興味を失ってたしね。
もう少し、Fernの活躍があるとよかったのになぁと思いました。

関連記事

テーマ : 洋書の児童書
ジャンル : 本・雑誌

Secret
(非公開コメント受付中)

読了おめでとうございます
後半はほんとに動物中心でしたね。
表紙にもなっているし、Fernがもう少し絡むと良いなーと私も思いました。
こんにちは☆
私も後半理解できていなかったら、かなり辛かったと思います。前半は好き嫌いありそうですね。
特に子供が読むにはとてもいい本なのではと思いました。この本を読むことで、普段は嫌われ者の虫や、クリスマスのごちそうになってしまうような動物の命に思いをはせるいい機会になるかもしれないと思いました。そういう点で、ニューべリーは納得です。
いちごパンダさん♪
ありがとうございます♪

てっきりFernは最後まで見守ってくれるもの、と思っていたんですがね~。Charlotteの子供達には気付いたのかなぁ?その一言でもあれば、また違ったのにと思いました。
あんずさん♪
前半はほんと辛かったですねー。でも最後はちゃんと盛り上がって入り込めたのでよかったです。
ちっちゃな虫にも、食べられてしまう動物にも「命」があるんだということを考えるきっかけになりそうで、子供達には(時には大人にも)、こういうお話に触れるのは必要そうですね。
記事とは関係ないのですが・・・
ヒツジ読みの『The Illustrated Mum』を
私も、今日からスタートしようと思います。
りとるさんが戻られた時、何も変わっていないヒツジ読みを
感じてもらえるよう、のんびりと楽しんでいきましょうね^^
nappuさん♪
"The Illustrated Mum"、私もさっそく昨晩から読み始めました。
1章がながーいので、どこで区切ろうかって思っちゃいますけど、のんびり楽しみましょうね。
ヒツジ読み募集中!
ヒツジ(並走)読みはみんなで同じ本を同時期に読み進めていく読み方です。詳細はヒツジ読みブログにて。
Profile

しろぱん

Author:しろぱん
2003年5月に多読開始。
今はのんびり洋書を楽しんでいます。

児童書中心ですが、すこしずつ大人向けPBにも手を出そうと思ってます。といいながら手をつけられていませんが。。
本を読むのは好きなので、マイペースで続けていきまーす。

猫飼い(4歳♂1歳♀)です。

ヒツジ読みブログ参加してます。

普段はアロマのお店をほそぼそとやってます。→blanc

しゃしん日記再開しました。→*しゃしん日和*

※記事中の★は、SSS書評の星の付け方を参考にしてます
 ★★★★★: 自信をもってお薦め
  ★★★★: かなりのお薦め
   ★★★: まあまあ
    ★★: 語学教材と思えばまあまあ
     ★: お薦めでない


*リンクフリーです。ご自由にどうぞ。
*記事と関係のないコメントおよびトラックバックは削除させていただく場合があります。

多読王国
Calender
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
手持ちの本
Search
Feeds
タドクのリンク
Twitter!

Twitter Updates

    follow me on Twitter
    QRコード
    QRコード
    Categories & Monthly Archives
     
    作者orシリーズ別リスト
    Recent Entries
    Recent Comments
    Recent Trackbacks
    タドクの友
    CaramelBox情報
    キャラメルボックス公演情報
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。